プログラミング 働き方 学び・資格

プログラミングを30代から始めるのは遅いのか、否か?

りよ
こんにちは、りよです。30代です。

今回は「プログラミングを30代から始めても遅くないのかなぁ」と不安を感じている方への記事です。

そのため、あえて年齢を自己申告させていただきました。笑

 

現代の日本社会は多様になってはきたものの、まだまだみんなが同じくらいの歳に同じようなライフイベントを迎え、同じくらいのライフスタイルを築いているもの。

そこから外れるような生き方をしている人にあまり出会わないこともあり、30代から新しいことを始めることを不安に思うのも仕方のないことだと思います。

私自身がプログラミングを学び出したのも30代に入ってからなので、ぜひ酸いも甘いも含めて、プログラミングを30代から学ぶことについてお話していきたいと思います!

 

 

30代からのプログラミングで不安を感じやすい3点

30代からプログラミング始めるにあたって、不安を抱きやすいのは主に以下の3つの点だと思います。

30代の不安ポイント

  • 学習面
    技術を習得できるのか
  • 転職面
    IT技術を使って転職できるのか
    転職後のキャリア形成はできるのか
  • 経済面
    給料が下がってしまわないか

学習面

学習面に関しては基本的に心配ないと思います。

今はどのスクールも未経験からの方も多く、挫折しないための手厚いサポートもあります。

 

また、オンライン完結型のスクールもあり、仕事しながら学べる環境も用意されています。

もし、経済面に余裕があるなら会社をスッパリ辞めて、短期間(目安:3ヶ月程度)みっちり通える転職保証つきのスクールを利用することも可能です。

りよ
転職保証付きのスクールは20代までというところも多いので、スクールを探すときは年齢制限を確認してくださいね!

 

【年齢制限がない&転職保証付きのプログラミングスクール】

※いずれのスクールもオンライン対応可能です。

 

独学の場合でも、書籍もネット教材も充実しているので学習面ではご安心を。

ただ、独学の場合「モチベーションの維持が難しい」という壁があるので、別途対策を立ててくださいね!

 

 

転職面

30歳を越えている皆さまは企業の基本的な需要をご存知かと思いますのズバリ言いますが、20代よりは転職しにくいです。

どの企業も人材の長期育成が希望であり、20代人材は成長の伸びしろが多いため、全く同じ質の人材がいたなら若い方をとるでしょう。

とは言え、全く同じ人間は一人としていないので、年齢以上にその人のスキルや魅力、会社との相性が評価されることも多々あります。

 

さらに、朗報も!

実は、現在はIT人材不足

そして、これから10年以上、需要が伸び続ける反面、IT人材は減少していく経済産業省 IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果で報告されています。

 

20代と比べると、可能性を見越した採用が減る分、多少転職の難易度は上がるでしょうが、時代背景は味方してくれています。

その人次第・狙う企業次第で、30代でも十分に転職は可能です。

 

また、転職後のキャリア面についてですが、IT業界は比較的実力主義が多いです。

年功序列的に出世コースから外れるなどはないので、真摯に技術やビジネススキルを磨いていきましょう!

 

給与面

by TECH::NOTE

給与面に関しては現在勤めているの職業や企業によるので、増減は一概には言えませんが、450万程度が平均です。

業種・業界ともに初チャレンジの場合は一時的に給与が下がる可能もありますが、分布図を見る限り努力次第で年収500〜600万円代まであげることは十分に可能ではないでしょうか。

 

30代だからこその強み

30代から何かを始める不安を抱えている方が少なくないと思いますが、30代だからこその強みもあります。

そもそも20代よりは人生経験は豊富なんです。胸を張りましょう!

30代だからこその強み

  • 社会経験が豊富。
    転職後も対人応対やクライアントのニーズを掴む力や交渉力など、前職の力は活かせます。
  • 人生経験が豊富
    ちょっとの失敗じゃへこたれない精神がすでに育まれてます!
  • 自分を理解しているため、自分史上最高効率で学習できる。
  • スクールに通う場合、経済的な余力があるため純粋に質で選べる。
  • おまけ:年齢的な焦りがプラスに転じ、火事場の馬鹿力が発揮される

 

社会経験が豊富

とにかく、これまでの社会経験そのものは20代より豊富です。

これを強みにしない手はありません。

 

プログラミング技術そのものは初心者かもしれませんが、対人応対一つとっても、クライアントの真のニーズを掘り下げる力にしても、プレゼン力・交渉力・リサーチ力、社内折衝力などなど、今までの経験で培ったものが必ずたくさんあるはずです。

社会に出たことがない場合でも同様です。

主婦の方は家庭で培った経験も技術もありますし、引きこもっていた方だって部屋の中で1人過ごしたからこそ考えたことがたくさんあるでしょう。

生まれてから今までの経験は全て糧です。有効に活用しましょう。

 

人生経験が豊富

30代以降の方は、成功も挫折も、人生の山も谷も一通り経験した方が多いのではないでしょうか。

新しいチャレンジには失敗はつきもの。

そんな時も、人生経験が育んでくれた、ちょっとやそっとじゃ一喜一憂しない精神力、さまざまな状況へ柔軟性などが役に立ちます。

 

自分を理解していて学習に有利

20代、あれもこれも体験したいインプットしたいと自分のキャパを知らないまま欲張りませんでしたか?

少なくとも私はそうでした。笑

 

そんな経験を越え、30代の私たちは20代よりは「自分を深く知る」ことができているはずです。

自分に合ったスケジュールのたて方、自分に合った学習方法モチベーションのあげ方休息の入れ方ダウンする前兆など、すでに私たちは自分に合うことを理論的・感覚的に学び終えています。

 

そして、一夜漬けでテストの点数は取れるけど身には付かないというシビアな真実も痛感済み。

自分にとっての最高の学習効率を知っていることは、学びの上でとても役に立つことでしょう。

 

経済的な余力でスクール選びの幅が広がる

プログラミングスクールは決して安価なものではありません。

色々見比べていくと様々な魅力的なサポートがあり、そのうち自分で行きたいと思うスクールに出会うことでしょう。

でもそこで、行きたいスクールの費用に手が届かなかったとしたら、妥協するしかありません。

 

そんな時こそ、30代の腕の見せ所。

これまで蓄えてきた財力を、自己投資として自分が最も行きたいスクールに通うことができます。

非常に現実的な話ですが、これも30代ならではの強みです。

 

おまけ:火事場の馬鹿力

人生に何かを始めるのに早いも遅いもない…とは思いますが、現在の日本社会ではまだそれが通用しきれない場面もあります。

社会目線から見ると、確かに30代からプログラミングを学ぶのは遅いと感じる人も多いでしょう。

 

なので、その「(社会平均から見た)遅さ」をプラスにひっくり返して力にしましょう。

「もう後がないから本気でやり抜くしかない」と。

 

プログラミングって、実は挫折してしまう人も少なくありません。(独学の場合は特に)

実際に私がスクールで学んだ所感として、質問する先生がいて、一つずつ学習していけば十分に基本的なスキルは身につく分野だと思ったので、挫折の一番の要因はモチベーションの維持が難しいからなのでは、と推測しています。

だから、ぜひ遅く始めたことをモチベーションに変えて、最後までやり抜いてください!

 

30代からのプログラミングが不向きなタイプ

とはいえ、30代からプログラミングを始めるのに不向きな人がいるのも事実です。

30代からのプログラミングに不向きなタイプ

【心理面】

  • 人と年齢で比較してコンプレックスを感じやすい人
  • 社会の平均的な声に惑いやすい人
  • キャリアの先輩に年下がいっぱいいるのが嫌だが、独立する気はない人

【キャリア面】

  • 今までのキャリアを少しも無駄にしたくない人
  • 新卒の優遇を求めている人

【適性面】

  • プログラミング適性の項目に一つも当てはまらない人

心理面

チャレンジしたい気持ちの腰を折る気は全くないのですが、性格的に「同い年のあの人はこうなのに自分は…」と他者と比較してしまったり、親戚の集まりなどで「こんな歳から新しいことやるなんて…」と言われてショックを受けすぎてしまう人などは、チャレンジによる心への負担が大きすぎるかなと思います。

また、転職後も他者や社会平均と比較されることはしばしばあります。

履歴書にも大きなキャリアチェンジが刻まれます。

そのことを受け流せる、または耐えられる精神力は必要だと思います。

 

もう一つの重要な性格としては、転職後に年下の先輩がたくさんいる職場に順応できること。

ここまで社会人として生きてきたプライドと言う意味で難しいこともあるでしょうし、相手とどんな立ち位置で話していいかわからないなどのコミュニケーションの不安もあるでしょう。

そこをどうにか対応できるタイプでないと、30代からの転職は難しいと思います。

 

ただ、その場合独立してしまうという手もあるので、職場順応に不安がある方はフリーランス起業も視野に入れるのをおすすめします!

(未経験からフリーランスは、企業への転職よりも難易度は高いです。)

 

キャリア面

確かに全ての経験は糧になりますが、業種・業界が異なれば、今まで培ってきたものが活かしきれなくなる可能性があります

それを受け入れられない場合は、今の職種を極めていく方が良いでしょう。

 

また、役職クラスの転職でもなければ、新卒の方が優遇される企業も少なくありません。

もしかしたら今いる環境の方が良い可能性だってあります。

そういう事態も加味して、チャレンジを決めてくださいね。

 

適性面

これだけではありませんが、ざっとプログラミング適性項目をあげます!

  • PCが好き・得意
  • ものづくりが好き・得意
  • 細かい作業が好き・得意
  • 集中力がある
  • 知的好奇心が強く、学ぶことが好き
  • 新しい何かを生み出すなど、クリエイティブなことが好き・得意
  • 数学やアルファベットが好き・得意
  • 調べ物が好き・得意

どうですか?どれか一つでも当てはまる項目はありますか?

多く当てはまればいいというわけではなく、この中の項目に一つでも当てはまればプログラミング適性はあります!

(プログラミングを学ぶ・仕事にする上で強みを持っているということです)

ただ、見事にひとつもかすらなかった場合「プログラミング」という分野を考え直してみても良いかもしれません。

好きでも得意でもないものにチャレンジするのは、負担が大きすぎる可能性があります。

 

りよ
プログラミングに関する「得意」か「好き」のどちらかは持っておきたいですね!

 

30代からプログラミングを始めるのはありか?

そんなの、全然ありですよ!!(文法違いですみません)

ここまで良い悪い、向き不向きについて書きましたが、それを差し引いても30代ならではの強みは十分あります

転職面で20代に不利とはいえ、30代から学んで転職した方もたくさんいらっしゃいます。

 

今は人生100年時代。

大学の頃に決めた職業一本にしがみつかなきゃいけない時代ではありません。

 

数年前に80代の女性が独学でアプリ開発をして話題になった話を覚えていますか?

極端な話ですが、プログラミングは80代からでも始められることなんです。

 

さらに、りよの勤めていた高校は通信制のコースがあり、そこにはアラフォーのママやご年配の方も来ていました。

高卒の資格だって何歳でだって取れるんです。

余談ではありますが、そういう方達の存在って勇気をもらえませんか?

 

30代、まだまだパワーもありますし、一般的な定年までも20~35年残っています。

平均寿命まで生きると考れば人生半分以下。

少しでも気持ちがあるのなら、ぜひチャレンジしてみましょうよ!

 

 

30代でプログラミングを始めた人達の声

結構いるんですね。年齢で諦めずにチャレンジしている方。
みつ
りよ
本当だね!勇気とパワーもらおう!

 

 

りよは30代からのプログラミングに不安はなかったのか

りよ
はい、実はほぼなかったのです。

嘘だろ、と思われるかもしれませんが、本当です。

 

理由は、タイミングと人生背景、生きてきた環境にあるのかなと思います。

もともとプログラミングを勉強し始めた時、私は自宅療養中(心はやる気に満ちていた)で少しでも何かに打ち込みながらお金を稼ぎたいなと思っていたので最高の学ぶ機会でした。

そして実はすでに私は、20代前半に大学に入るという日本の標準的な年齢の流れを無視した経歴を一度辿っているので、免疫もついていました

さらに、母は30代〜50代にかけて(60になった歳も!)資格取得など色々なことにチャレンジしてますし、前の章でも触れたように勤務先の通信制高校に大人の方が通っていたことなどで、チャレンジに年齢は関係ないと身の回りの人に身を以て教えてもらえる環境にありました。

 

りよが不安なくチャレンジできたポイント

  1. タイミングが良かった
  2. 社会の適齢期を無視した経験があった
  3. 年齢問わずチャレンジする人たちが近くにいる環境だった

どれも当てはまらない!まだまだ不安だ!という場合は③の「年齢問わずチャレンジする人たち」をネット越しでもいいので探して声をかけたり、SNSを見てみたりするのをオススメします。

身近に似たようなチャレンジをしている人がいなくても、ネットやSNSで調べてみると、同士や味方は案外たくさんいるものです。

自分もがんばれるかも!って気持ちに火をつけてくれるかもしれません!

 

まとめ:最後は気持ち次第

最後は本人の気持ち次第。
チャレンジしたいならチャレンジしてみよう!

無責任に転職しようなんては言えませんが、一度きりの人生自分の思うようにプロデュースして良いと私は思っています。

養う家族がいたりすると、そう簡単に決心できるものではないかもしれませんが、必ず背水の陣で臨まなきゃいけないわけではありません。

最初は本を買って見るだけでも良いし、無料の学習サイトから初めてみるのだって十分チャレンジです。

最終的にチャレンジを選択するしないにかかわらず、灯ったチャレンジ精神はぜひ大切にしてくださいね^^

 

 

【年齢制限がない&転職保証付きのプログラミングスクール】

 

【隙間時間で学習しやすいスクール】

 

-プログラミング, 働き方, 学び・資格
-,

Copyright© LIYO MEMO リヨメモ , 2020 All Rights Reserved.