プログラミング

【りよのCodeCamp感想】最終課題で身につくスキルはどの程度か

今回の記事では、CodeCamp卒業生である私から、CodeCampの「最終課題」をお見せしながら、実際にカリキュラムをクリアすればどの程度のスキルが身につくのかについてお話していきたいと思います!

CodeCampとは

日本で利用者数No1を誇る、オンライン完結型のプログラミングスクールです。

授業はビデオチャットを用いてPC越しに行うスタイルで、基本的なHTML/CSS、デザイン系、サーバーエンドの言語まで幅広く扱われています。

詳細はこちらの記事にまとめてありますので、気になる方はぜひ目を通してみてくださいね!

【利用者数No1】CodeCampの料金・評判まるっとまとめ

続きを見る



CodeCampの最終課題とは

CodeCampは各言語や分野ごとに、教科書最終課題が用意されています。

1から教科書をクリアしていき(途中にも小課題はあります)、その言語や分野の最後のしめに「最終課題」があります。

最終課題をクリアしないと、その言語や分野を履修完了したことになりません。

裏を返せば、CodeCampのカリキュラムをクリアすると、「最終課題」をこなせるレベルのスキルが身につくということです。

なので今回は、最終課題が一体どのようなものかお見せしながら、CodeCampで身につくスキルレベルをお伝えしていきたいと思います!

りよ
最終課題には結構細かい指定があります

 

ここから先は、言語や分野別に最終課題を紹介していきます。言語の種類がよくわからないなぁという方は最初にこちら↓をご覧ください。

プログラミング初心者向けに「言語」を一覧にまとめました。

 

HTML/CSSの最終課題

Webページを作る基礎中の基礎の分野です。この分野をマスターすれば、簡単なコーディングのお仕事は可能です。

写真素材だけはスクール側が用意してくれますので、あとは全て自らHTMLとCSSファイルにコードを打ち込んで、サンプル通りのページを作り上げます。

 

初心者から始めたとしても、少なくともこのサイトは作れるようになります!

ただ、レスポンシブ(スマホ対応)はこの時点では学べません。

後に紹介する「Bootstrap」で主にレスポンシブの学習をします。

 

Photoshopの最終課題

有名なAdobeのデザインソフト、Photoshopの使い方を学びます。Webデザインの領域の技術で、ここではWebページのデザインを行います。(このデザインをWebに再現するのはコーダーのお仕事ですが、今はデザインとコーディング両方できるデザイナーさんが多いです)

このレイアウトに合わせて、自分オリジナルのWebサイトデザインを作るのがPhotoshopの最終課題です。

デザインを作るだけでなく、コンセプトシート(図左)に制作の意図を記し、ワイヤーフレーム(図右)というデザインの骨組みも自分で作ります。

 

言われた通りに作るのではなく、仮想のクライアントとターゲットに向けて作ることで、実践的なデザインスキルを身に付けることができます。

ちなみに、私が初めてIT業務でお金を稼いだのはこのWebページデザインでした初心者から仕事に繋がりやすいITスキルの一つだと思います。

 

Illustratorの最終課題

IllustratorはPhotoshopに比べて、比較的図柄を描く自由度が高く、拡大しても画素が荒くならないという特徴があるので、ロゴ作成などに主に使用されています。

Photoshopと同じようにWebページのデザインが最終課題ですが、ロゴに趣向が凝らされているのがIllustratorならではです。もちろん、このロゴも自分で作成します!

IllustratorもPhotoshop同様、このレイアウトになぞらえたオリジナルデザインを、コンセプトシート、フレームワークから作成します。

 

 

Bootstrapの最終課題

こちらはHTML/CSSの課題に似ていますが、Bootstrapという主にレスポンシブ対応(スマホ表示対応)に強い分野です。

PCとスマホで表示を変えるだけでなく、画像をスライドにできたり、スマホでよくあるハンバーガーアイコンからメニューが出てくる仕組みなども作れます。

ハンバーガーアイコン

最終課題はこのデザインのWebページの作成ですが、ただHTML/CSSのコードを打って完成させるわけではなく、Bootstrapの機能を使って閲覧画面のサイズによって表示を変えたり、ヘッダー画像をスライド式に動かしたりするなどの課題指定があります。そこがHTML/CSSと異なる点です。

 

JavaScriptの最終課題

ここまでとグッとテイストが変わりますね!

JavaScriptはWebベージのデザインというより、機能を作る言語なので、最終課題ではルーレット作りを行います。

画像を見るとイメージが湧くかと思いますが、スタートボタンでルーレットが回って、ストップで止める。リセットで今までの記憶を消すという仕組みです。

HTML/CSSやデザインとは毛色が違うように感じるかもしれませんが、Web上の日々変わっていく日付や、自動計算機などにもJavaScriptが使われています。

Web上で見えるところで働く頭脳に近い言語ですので、JavaScriptを学ぶことでWebサイトを多機能にしたり、クオリティを上げることが可能です!

 

Rubyの最終課題

RubyではRuby on Railsという専門の環境(フレームワーク)を使ってサイトを構築していきます。

最終課題はフリーマーケットサイト作成です。シンプルなデザインですが、ショッピング機能を作れるようになれるのは嬉しいですよね!

しかも、Rubyは初心者にもおすすめな言語と言われており、習得が難しくないのも魅力です。

 

その他の最終課題

その他の言語・分野の最終課題にはこのようなものがあります。

  • PHP:ECサイト作成
  • JAVA:トランプカードゲーム制作
  • アプリ(iOS/アンドロイド):RSSリーダーアプリ

 

まとめ

私はCodeCampの2ヶ月コースだったので、ちょっぴりハードだったのですが、あれよあれよという間に色々なことができるようになりました。

結果、体験談などでも少しお話ししましたが病気で自宅療法の際に、副業としてある程度生計を立てられるくらいのプログラミングスキルを手にすることができました!

私はIT人材として就職したわけではないですが、2〜3ヶ月の学習で、エンジニアの転職に成功したり、フリーランスで開業する方もたくさんいらっしゃいます。

きっと、この記事を読んでくれた方は、「CodeCodeに通ったところで、一体何をどれくらいできるようになるのか?」と少し不安があるのかなと思います。

もちろんスクールはたくさんあるので、合うスクールを選ぶのが1番と思いますが、「短期間でもスキルは身につくか?」という不安に対してはぜひ「Yes!」とお答えしたいと思います^^

りよ
素敵なスキルアップライフを!

 

CodeCamp

  • オンライン完結型
  • いつでも、どこでも、誰でも対応OK!!
  • 現役エンジニアとマンツーマン授業
  • 教科書永久見放題
  • 無料レッスンで10000円クーポン

\利用者数No.1/

CodeCamp 公式サイト

スクール選びの基準にピッタリ!

 

-プログラミング
-, ,

Copyright© LIYO MEMO リヨメモ , 2020 All Rights Reserved.