プログラミング

プログラミング初心者向けに「言語」を一覧にまとめました。

はじめに

プログラミングに興味を持ち始めた時に一番最初にぶつかる疑問は「何を学べばいいのか」ということではないでしょうか?

  • 何を学べば何ができるのか?
  • そもそも初心者でもできるレベルの内容なのだろうか?

など、最初はわからないことだらけだと思います。プログラミングにはどんな言語があるのか、何に使えるのか、難易度などをみていきましょう!

取り扱う言語

  • HTML/CSS:Webページ作成の基礎
  • Ruby:簡単にWebシステムを作れる
  • PHP:問い合わせフォーム、SNS、ログイン、ブログなどのWebシステム構築言語
  • JavaScript:Webページに組み込んでユーザー側の動きを作る言語
  • Python:海外で人気。AI(人工知能)やIoTの分野に用いることができる。
  • Java:海外で人気。大きいシステムも作れるが難易度は高め。
  • Swift:Apple社製の端末で使えるアプリ
  • Kotlin:Androidアプリを作れる

 

HTML/CSS

HTMLWebページに文字や画像などを表示させるための基本的な言語です。

色や余白、文字の大きさなどの見た目のデザインをコントロールするCSSと一緒に使うため、セットで学習することがほどんどです。

項目 内容
HTML/CSSとは HTML:Webページの基本的な骨組み。
CSS:Webページの見た目をコントロールする。
何に使うのか Webページ作成
特徴 プログラミングの基本となる言語
難易度 易しい
・独学でも学ぶことは十分可能
・書籍など学習に必要な情報も豊富
メリット ・難易度が低く、学習しやすい
・デザインをWebサイトに反映させるコーダーというお仕事ができる
デメリット 特になし
就ける職業 コーダー
コーディング(デザインをWebサイトに反映させる)するお仕事

※HTMLの取得のみでは仕事はほぼないため、CSSやJSも一緒に取得するのをオススメします。
勉強するべき人 コーダー・フロントエンドエンジニア・バックエンドエンジニア、WEBデザイナーになりたい人。

※iOSアプリを今すぐ作りたい!とか機械学習にしか興味がない!という人以外は勉強しましょう。

学びプラン① CodeCamp Webマスターコース
学びプラン② TECH ACADEMY WEBデザインコース

 

実はHTMLとCSSは厳密にはプログラミング言語に含まれません

ただ、Webページを作るためには基礎中の基礎の知識になりますので、基本的に学習必須な言語だと思っておいていいでしょう。

 

サーバー構築など裏方のエンジニア(バックエンドエンジニア)を希望する場合でも、HTMLを編集することはありますので理解しておきましょう。

エンジニアの担当領域をフロントエンド・バックエンドと呼び分けることがあります。それぞれの領域を大まかに知っておきましょう!

  • フロントエンド
    ユーザーが見える部分全般。Webサイトやアプリのデザイン・動きなどを担当。
  • バックエンド
    ユーザーには見えない部分全般。サーバーの構築やデータベースの処理などが担当。

 

Ruby

Ruby(ルビー)は日本人のまつもとゆきひろ氏によって「楽しさ」を第一目標に開発された言語です。

Rubyを扱いやすくする機能Ruby on Rails(ルビーオンレイルズ)を用いると、とても簡単に使うことができるため、子ども達のプログラミング教育にも採用されています。

項目 内容
Rubyとは 日本人によって開発された、学びやすく多くのWebシステムに採用されている言語。
子ども達のプログラミングの教育にも使われている。
何に使うのか WEBシステムの構築、WEBアプリ、スマホアプリの開発
使用例:クックパッド、Airbnb、Gunosy、Crowdworks
特徴 ・Ruby on Railsというフレームワークで用いると簡単
・採用している日本企業が増加している
・少しのコードで多くの機能を実装できるため、開発効率が高い。
難易度 易しい
・特別な知識がいらず、誰でも習得可能
・読みやすく書きやすい。慣れると短く・早く書くことができる
・スクールのコースや書籍も充実
メリット ・日本人、日本企業向き。
・使用されているwebサービスが多いため、仕事に就きやすく案件も多い。
・即戦力レベルの知識を得やすく、実務経験がなくても採用されやすい
デメリット Ruby on Railsの使用で簡単になる分、プログラミングの理解が浅くなる傾向がある
就ける職業 Webエンジニア・アプリエンジニア・バックエンドエンジニア
勉強するべき人 ・SNSやアプリなどのサービスを作りたい人
・バックエンドエンジニアを目指している人
・プログラミングの学習を始めようと思っている人で、特に言語にこだわりがない人
学びプラン① CodeCamp Rubyマスターコース
学びプラン② TECHACADEMY Webアプリケーションコース
フレームワークとは?
決められた枠組みの中で、手順にそって行う形になっており、無駄を省き・洩れを無くし・難易度を下げることができます。

 

PHP

PHPWebシステム向けのプログラミング言語で、Webサービス開発、アプリケーション開発全般に活用されています。

問い合わせフォームや、ログイン画面、ブログ、検索機能など身近なWebシステムの多くにPHPが用いられています。

項目 内容
PHPとは Webシステム向けのプログラミング言語。
多くのWebサービス開発、アプリケーション開発に活用されている。
何に使うのか Webシステム・アプリケーションなどの作成
使用例:SNS・ECサイト・ブログ、WordPressなど
特徴 ・Webサービスに特化した言語・コードの書き方がシンプル。
・多くのフレームワークがあり、初心者でもWebアプリケーション構築が可能。
難易度 易しい
・難易度は低く、習得に必要な時間は少なめ。
・初心者が最初に学ぶ言語としても人気が高い。
・ミスに強くに言語で、初心者でも挫折しにくい
メリット ・プログラミング学習サイト等にも情報が多く、学びやすい
・エンジニアの求人にPHP(とWordPress)を使った開発案件が多い
デメリット ・他言語の人気が伸びてきており押され気味
・用途がWebに限定されている
・WEB系の開発がメインとなる為
就ける職業 WEBデザイナー・Web系プログラマー・バックエンドエンジニア
勉強するべき人 ・WEBデザイナー、Web系のプログラマー、バックエンドエンジニアになりたい人
・SNS、ECサイト、ブログなどのWebサービスを作成したい人
・Wordpressの上級カスタマイズをしたい人
学びプラン① CodeCamp Webマスターコース
学びプラン② TECHACADEMY PHP/Laravelコース
WordPressとは?
誰でも無料で使うことができるブログやサイトの作成・運営ができるソフトです。
WordPressは別途サーバーを借りて作るタイプ(サーバー代は別途発生します)と、レンタルブログの二種類があります。
一般に「WordPress」と言われるのは、サーバーを借りるタイプです。
【WordPressとは何か?】完全初心者向けの基礎知識まとめ。

続きを見る

【WordPressを学べるプログラミングスクール】現代のIT必須スキル!

続きを見る

 

JavaScript

JavaScriptは実行しやすく処理された言語で、Webエンジニアには必修といえる言語です。(JSと省略して表記されることもあります。)

Webページに組み込まれることにより、ブラウザ上でマウスを乗せたボタンの色が変わったり、ポップアップが出現したりなど、ユーザー側の動きを作ることが可能です。

項目 内容
JavaScriptとは Webページに組み込み、ユーザー側の動きを作る言語。
略称:JS
何に使うのか Webアプリケーション開発、スマートフォンアプリ、ゲーム開発など
(HTML5、CSSと組み合わせて、iOSでもAndroidでも使える「ハイブリッドアプリ」が開発できる)
特徴 ・Webエンジニアにとって必修言語
・JSを扱いしやすくするライブラリ(jQueryなど)で表現の幅が広がる
・「動き」の表現がメインになっている
難易度 普通
・習得難易度は高くはないものの、実践で引っかかる部分も多い
・ブラウザさえあれば開発できるため、学習を開始しやすい
メリット ・開発環境のインストールが不要
・ライブラリが豊富
・JavaScriptを使えるフロントエンドエンジニアの求人が多い
デメリット ブラウザによって動きが異なる場合がある
就ける職業 フロントエンジニア、バックエンドエンジニア、コーダー
学びプラン① CodeCamp Webマスターコース
学びプラン② TECH ACADEMY WEBデザインコース

ライブラリとは?
汎用性の高いプログラムを集めたファイルのこと。よく使う定型文を、都度呼び出して利用するイメージに近いです。

 

 

Python

1991年にオランダで生まれた海外で人気の高いプログラミング言語で、Googleが使っている三大言語のひとつです。

世界的に注目されているAI(人工知能・機械学習)IoTの分野にも使用可能なため、これからの技術発展が見込まれています。

項目 内容
Pythonとは 海外で人気が高く、Webシステム開発などに用いられます。
AIやIoTにも使える、将来性の高い言語のひとつです。
何に使うのか Webシステムの開発、Webアプリケーションの開発、統計解析プログラム、AI(人工知能・機械学習)の開発IoTに関わるシステムの開発

使用例:YouTube、Evernote、Instagram、Facebook、pepperくん など

特徴 コードはとてもシンプルで、書きやすく読みやすい。初心者向け。
難易度 易しい〜普通
・後述のJavaより難易度は低め。
・コードがシンプルで初心者向け
メリット ・学習コストが低め(AIには数学や統計の知識もある程度は知識が必要なため、トータルの学習コストは高め)
・将来性が高い
デメリット ・日本ではまだマイナーで、学習環境があまり整っていない
・現在の日本では他の言語と比べて需要が少なく、仕事に活かしにくい
就ける職業 バックエンドエンジニア、AI専門エンジニア
勉強すべき人 ・バックエンドエンジニアを目指す人
・AI(人工知能)に関するスキルを得たい人
・海外(特にアメリカ)でエンジニアとして活動したい人
・新しい知識や技術を身に付けたい人
学びプラン① CodeCamp Pythonデータサイエンスコース
学びプラン② TECHACADEMY Pythonコース

IoTとは?Internet of Things(=モノのインターネット)の略称。通信システムを搭載し、インターネットに接続・連携して利用するモノのことです。

スマホをリモコンにできるテレビや、アプリと連動して健康をサポートしてくれる体組成計など、スマート家電と呼ばれるものもIoTのひとつです。

 

Java

世界的に人気のプログラム言語で、Pythonと同様にGoogle三大言語のひとつです。

コンピュータのOSによらない汎用性の高い言語で、WEBシステムだけではなく、Androidアプリ、業務システム開発にも使用可能です。

項目 内容
JAVAとは 世界的に人気のプログラム言語でで、コンピューターのOSに依存しない汎用性の高い言語。
何に使えるの? Webシステム、Androidアプリ業務システム、機械を制御するシステム、ソフトフェアの開発などが可能。
特徴
難易度 普通〜難しい
・書籍やスクールのコースが多く、学習しやすい環境にある
・Javaを習得すると他のプログラミング言語も習得しやすくなる
・プログラミング未経験者が、一番初めにJava言語から学習を始めると独学では挫折していまう可能性あり。
メリット ・プログラミングそのものの知識が得られる
・大きいシステムを作る仕事に採用されやすい
デメリット ・書く量が多く設計も複雑で、挫折の懸念がある
・アメリカで伸び悩んでいるというデータがあり、今後日本でも今まで通り評価されるか不透明
就ける職業 バックエンドエンジニア、Androidアプリエンジニア
勉強すべき人 ・Androidアプリを開発したい人
・バックエンドエンジニアとして働きたい人
学びプラン① CodeCamp Javaマスターコース
学びプラン② TECHACADEMY Javaコース

 

アプリ開発に用いる言語

アプリ用の言語は、iOS用とAndroid用で異なりますので、それぞれ紹介していきますね。

iOSアプリ▶︎Swift

項目 内容
何に使えるの? ・iPhone、iPadなどのApple製品端末で使うアプリ開発
・WebアプリやWebサーバーの開発
特徴 ・iOS向けアプリケーション開発の主流になる見込み。
・PerfectというSwift製のWEBフレームワークがある
・XcodeというMacのアプリを用いる
難易度 普通〜難しい
・学習環境と情報量が少ないことが難易度を高めている
・シンプルなコード
・Macが必須
メリット iOSアプリを開発できるエンジニアは、供給よりも需要が上回っている状態が続いている。
デメリット 他の言語にはない独特の特徴があり、学びの汎用性が低い
就ける職業 iOSアプリ開発エンジニア、バックエンドエンジニア、モバイルアプリエンジニア
学ぶプラン TECHACADEMY iPhoneアプリコース

「iPhoneアプリを作りたい」という目的が明確でない場合には、Java、JavaScriptから学ぶのをおすすめします。

Java、JavaScriptを学ぶと、Android、iPhone両方で動くハイブリッドアプリWebアプリの開発が可能になります。

 

Androidアプリ▶︎Kotlin

項目 内容
何に使えるの? Androidアプリの開発
特徴 Javaで書くよりもコードも短く、開発にかかる負担を削減できる
難易度 難しい
・新しい言語で参考となる書籍の数も少なく、学習環境が整っていない
メリット ・技術者の数が少なく、労働条件や待遇・収入が良い傾向にある。
・Androidユーザーの割合の方が多くなってきている
デメリット iPhoneアプリからリリースする企業が多い
就ける職業 Androidアプリエンジニア
学びプラン TECHACADEMY Androidアプリコース 

 

アプリ総合

学びプラン
(アプリ総合)
CodeCamp アプリマスターコース
りよ
2018年秋にAndroid使用率がiPhoneを上回りました。
みつ
将来性も考えて学ぶアプリ言語を決めたいですね。

 

まとめ

初心者に伝えておきたい言語についてまとめましたが、大まかにイメージできたでしょうか?

何を作りたいのか、どんな仕事に就きたいのかを考え、必要な言語を学んでいきましょう!

要点まとめ

  • HTML/CSS:Webページ作成の基礎
  • Ruby:簡単にWebシステムを作れる
  • PHP:問い合わせフォーム、SNS、ログイン、ブログなどのWebシステム構築言語
  • JavaScript:Webページに組み込んでユーザー側の動きを作る言語
  • Python:海外で人気。AI(人工知能)やIoTの分野に用いることができる。
  • Java:海外で人気。大きいシステムも作れるが難易度は高め。
  • Swift:Apple社製の端末で使えるアプリ
  • Kotlin:Androidアプリを作れる

 

りよ
どの言語も、書籍や学習サイト、スクールの専門コースなどがあるので、各自学びやすい方法で勉強してみてくださいね!

 

【厳選】初心者(未経験者)におすすめのプログラミングスクール

続きを見る

【りよのCodeCamp体験談】良い所も悪い所もお伝えします!

続きを見る

-プログラミング
-

Copyright© LIYO MEMO リヨメモ , 2020 All Rights Reserved.