プログラミング

プログラミング初心者にMacがおすすめな理由。パソコン選びのポイント

はじめに

プログラミングに絶対必要なアイテムといえば、パソコンですよね。これがないことには始まりません。

初心者だけでなく、こだわりや制約がない限りプログラミングにはMac OSのパソコンがおすすめされていることが多いです。

とはいえ、数あるパソコンの中から、このようなことが気になりませんか?

  • どうしてMacのパソコンがおすすめなのか
  • どんなスペックや条件のパソコンがプログラミングに向いているのか

 

今回は、プログラミングにMacのパソコンがおすすめな理由と、パソコン選びのポイントを確認していきたいと思います。

そもそももっと初歩的なことを知りたいという方は↓こちらの記事からご覧ください!

関連記事
プログラミングをゼロから始めたい時に読む記事【超初心者向け】

 

MacとWindowsの違い ーOSって?ー

パソコンといえば、MacWindowsという名称は聞いたことがありますよね。

これは、OSのことを示しています。現在出回っているパソコンは、ほとんどがMac OSWindows OSのどちらかです。

OSとは、オペレーションシステムの略称で、パソコンやスマートフォンを動かすための基本的なシステムのことです。Mac OSとWindows OSは、特徴や使用可能なツールに異なるポイントがあります。

 

Mac OS

  • 比較的動作が速く使いやすい
  • Ruby、PHP、Pythonなどの言語が標準で搭載されているので、すぐに始めることができる
  • iPhoneなどのApple製品向けのアプリを開発するためのソフトの中には、Mac OSでのみ使用できるものがある
  • Mac OSのパソコンはAppleの純正製品のみのため、やや高価

Windows OS

  • ゲーム作成を行うプログラミング言語の一部は、Windows OS推奨
  • Windows OSを搭載したパソコンは種類も多く、比較的コスパが良いものもある
  • Visual StudioというMicrosoftが作成した開発環境を使用できる

 

MacはWindowsと比べて動作速度が速く開発効率の良さ・すぐにプログラミングを始められる点から、おすすめされています。

みつ
じゃあ、Macならなんでもいいの?と疑問ですよね。
さらに細かいポイントを見てみましょう。

 

スペックのおすすめ

パソコンにはそれぞれスペックに違いがあります。

スペックとは主に、CPU・メモリー・ハードディスクのことで、開発のしやすさに影響します。

簡単にいうと、スペックが高い方がパソコンの動作が早くなり、一度に動かすことのできるアプリケーションも増え、保存しておくことのできるデータ量も増えるので、効率よく開発ができます。

スペックが低いと、動作が遅くなってしまうので効率が悪く、保存できるデータ量にも限りがあるため、開発中のストレスがたまりやすくなります。

 

CPUについて

CPUについて

  • コンピューターの動作速度を左右するハードウェア
  • 「頭の回転速度」「脳」によく例えられます

 

CPUの種類

  • インテル製:処理速度重視
  • AMD製:グラフィック処理重視

プログラミングを行う場合は、処理速度重視のインテル製がおすすめ。
Macの全てのパソコンでインテルが採用されています。

 

クロック数とは?

 

クロック数とはCPUの性能を示すのは「GHz」という単位です。

数字が大きいほど処理できる量が増え、パソコンの動作が速くなります。

プログラミングのみ行うのであれば数値を気にしすぎる必要はないのですが、画像や動画編集にも興味がある場合には、3.00GHz以上がおすすめです。

 

りよ
より一層高速な環境が必要になった場合には、クロック数が大きいパソコンに変更すると◎

 

メモリーについて

メモリーとは?

  • 一時的にデータを記憶しておくハードウェア
  • 「机の広さ」によく例えられます
  • メモリーの単位はGB(ギガバイト)

メモリーが大きい(机が広い)ほど処理速度が遅くなりにくく、多くの作業を同時に行うことができます。

プログラミングを行うには、最低でも8GB、可能であれば16GB以上あることが望ましいです。

 

ストレージについて

ストレージとは?

  • データ(ファイルや画像、動画、音楽など)を保管するハードウェアのこと。
  • 「引き出しのサイズ」によく例えられます。

メモリーとの違いは、一度保存したものは削除するまで消えないところです。

たくさんのデータや動画などを使用・保存する場合には、ストレージの容量が大きい方が良いですが、足りなくなった場合などには、外付けハードディスクなどで容量を補うことが可能です。

 

画面サイズのおすすめは?

画面サイズは大きいほうが作業しやすいですが(画面に複数のシステムやツールを同時に表示することができるため)、小さすぎて見えない・使いづらい、ということがなければ問題ありません。

ノートパソコンであれば13インチはあると良いです。

使っていく中で画面サイズが窮屈に感じてきた場合には、外付けのデイスプレイを設置して拡張することも可能です。

私が現在使っているパソコンは11インチなのですが、複数のツールを同時に表示させると確かにちょっと窮屈です…。
みつ
りよ
私も同じ11インチですが、持ち運ぶ時には少々大きく感じます。

 

デスクトップパソコンとノートパソコン

場所に縛られずにプログラミングができる点から、ノートパソコンがおすすめになっていることが多いです。

とはいえ、高スペックな開発環境が必要なゲーム開発などでは、デスクトップパソコンを選ぶ方が適しています。

それぞれ良い点が異なるので、目的や使いやすさに合わせて選ぶと良いです。

ノートパソコン

  • 持ち運びが楽で、どこでも作業が可能。セミナーなどの勉強会やプログラミングスクールにも自分のパソコンを持って参加しやすい。
  • 高いスペックのものもあり、多くのプログラミング言語を問題なく扱うことが可能。

デスクトップパソコン

  • よりも高いスペックが搭載できるため、ゲーム開発などの高スペックな開発環境が必要なプログラミングに最適。

 

目的別!パソコン選びのポイント

ここからは、目的別にMacとWindowsどちらのパソコンがおすすめか、見ていきたいと思います。

ここからは言語別におすすめPCを説明していきますので、それぞれの言語について知りたい方はこちらの記事でご確認くださいね!

関連記事
 プログラミング初心者向けに「言語」を一覧にまとめました。

 

Ruby、PHP、Pythonを使いたい場合

Mac OSがおすすめ!

Mac OSにはRuby、PHP、Pythonなどが標準で搭載されているので、購入後すぐに始めることが可能です。

※ Windowsでも開発は可能です。その場合は自分で開発環境を整える必要があります。

 

C#、Visual Basicを使いたい場合

windows OSがおすすめ!

どちらでも学習することは可能ですが、開発環境で使用するVisual StudioというツールをMicrosoftが作成しているため、windows OSの方がより適しています。

 

SwiftやObjective-Cを使いたい場合

Mac OSがおすすめ!

SwiftやObjective-Cは、iOSやmac OSのためのプログラミング言語で、iPhoneアプリの開発によく使われています。

そのため、Mac OSの方が適しておりおすすめです。

 

その他の言語を使いたい場合

Windows OS、Mac OSともに問題ありませんが、Mac OSのほうがWindows OSよりも比較的動作が早く作業効率が良いためおすすめです。

 

ゲーム開発をしたい場合

Windows OS + デスクトップパソコンがおすすめ!

ゲーム開発は多くの情報を一度に処理するため、高いスペックを搭載できるデスクトップパソコンが適しています。

また、パソコンのゲームはWindows向けのものが多く、開発環境もWindowsの方が充実しているため、Windows OSがおすすめです。

 

Apple製品(iPhoneやiPadなど)向けアプリを開発したい場合

Mac OSがおすすめ!

iOSアプリの開発には「Xcode」という開発環境を使用しますが、XcodeのインストールはMac OSで行うことができます。

また、Apple製品向けアプリ開発のための書籍などは、Xcode(Mac OS)を使うことを想定して書かれていることがほとんどです。

※WindowsでもXamarin Live Playerというソフトを使用することで開発は可能ですが、開発環境を構築する手間を考えると、初心者にはハードルが高くなります。

 

Android向けのスマートフォンアプリを開発する場合

Windows OS、Mac OSともに使用できるAndroid Studioという開発環境を利用するため、どちらのOSのパソコンでも問題ありません。

 

まとめ

結論、プログラミング初心者によらず、PC向けのゲーム開発や一部言語を極めることが目的の方以外、Mac OSのパソコンがおすすめです!

自分が今持っているパソコンが、プログラミングに適しているか、新しいパソコンを用意する際には、どのようなパソコンにするのか、扱いやすさや目的に合わせて決めていきましょう。

 

-プログラミング
-

Copyright© LIYO MEMO リヨメモ , 2020 All Rights Reserved.