WEBデザイン

【WEBデザイナーの年収】年齢・働き方など項目別に調査しました!

はじめに

WEBデザイナーに転職しようと思ってるけど、年収ってどのくらいなんだろう?と、現実問題、気になりますよね。

今回は、そんな気になるWEBデザイナーの平均年収を様々なタイプ別で調査してみました!

なお、今回の各平均年収のまとめは下記サイトの調査を参考にしています。

【調査元データ】

  • マイナビ転職
    2019年版 職種別 モデル年収平均ランキング(2018年4月〜2019年3月の1年間にマイナビ転職に掲載された求人の「モデル年収例」を職種別に集計)
  • 転職会議
    転職会議に投稿された社員/元社員の年収データを職種、年齢、年収など項目別で集計
  • 求人ボックス
    給料ナビ(2019年10月に求人ボックス上で掲載されていた求人情報を集計)
  • doda
    2017年9月~2018年8月の1年間に、dodaエージェントサービスに登録した人のうち、正社員として就業している20~65歳までの約36万人のビジネスパーソンのデータを集計
  • Find Job!
    2019年10月時点において、インターネットに公開されているWebデザイナー・HTMLコーダーの求人情報をもとに算出

これらの調査を元に平均値を算出しています。

各調査ごとに対象や元データが異なりますので、あくまでも参考値としてご認識ください。

 

WEBデザイナー全体の平均年収

WEBデザイナーの平均年収

平均年収 395万円

 

サイト別

対象サイト 平均年収
マイナビ転職 482万円
転職会議 338万円
求人ナビ 427万円
doda 357万円
Find Job! 373万円

2018年の国民の平均年収(民間)が441万円*といわれているので、それと比べるとWEBデザイナーの平均年収は低めです。
(*国税庁:平成30年分 民間給与実態統計調査 P12)

 

りよ
「こんなはずじゃなかった」というギャップを減らしたり、将来設計のためにも平均年収を知っておくことは大切です!

 

WEBデザイナー年齢別平均年収

年齢別

年代 平均年収
20代 315万円
30代 386万円
40代 468万円
50代 485万円

徐々にですが、年齢が上がるにつれて年収も上がる傾向にあるようです。

ただ、年齢別の給与に関しては勤続年数や個人のスキル、経験・実績、企業の考え方などが関わってくるので、年齢が高い=年収が高いとは断言できないのでご注意くださいね。

 

みつ
年収アップのためには、実績や経験を積み、スキルを磨き続けていくことが大切です!

 

WEBデザイナー男女別平均年収

男女別

WEBデザイナー平均年収 2018年国民平均年収
男性 433万円 545万円
女性 370万円 293万円

ただ、WEBデザイナー平均年収とともに2018年国民平均年収も載せました。

男女で比べると、男性のWEBデザイナーの方が年収が高いですが、国民の平均年収と比較すると、男性は国民平均より低く、女性は国民平均より高いです。(平成30年分 民間給与実態統計調査 P12)

みつ
WEBデザイナーは女性が活躍しやすい職種であることが読み取れますね!

 

 

WEBデザイナー働き方別平均年収

派遣・アルバイト

平均時給
派遣社員 1,805円
アルバイト・パート 1,010円

 

フリーランス

フリーランスの場合、年収は人によってかなり異なります。

一般に240万円〜、WEBデザイナーとしてのスキルにプラスαの強み(英語ができる、SEO対策、マーケティングの知識がある、など)があると400~500万円ほどの年収も狙えます。

天井はなく、上を目指せばもっと年収をあげることも可能です。

 

また、関わる案件の質や量によって収入にバラつきが大きいので、自分の強みを活かしたお仕事の獲得・交渉スキルも大切です。

 

キャリアアップした場合

職種 平均年収
Webプロデューサー/ディレクター 471万円
プログラマー 467万円
SEOコンサルタント 498万円

上記は、WEBデザイナーからキャリアアップを狙える職種の平均年収です。

 

どんな知識や経験を得て強みを作り活かしていくかによって、キャリアアップもしくはジョブチェンジできる職種の幅も広がります。

まずはWEBデザイナーから始め、将来ステップアップするのもgoodです!

 

まとめ

今回はWEBデザイナーの様々な項目別での平均年収をご紹介しました。

ちょっと年収が低いのが気になる…、より年収UPを狙いたい!という場合には、キャリアアップを目指したり、自分自身での売り込みや仕事獲得が得意であればフリーランスに挑戦するという手段もあります。

そのためには、WEBデザイナーとして着実に経験やスキル・実績を積み、実力をつけていくことと、トレンドや最新技術を磨き続けていく必要があるので、これからWEBデザイナーを目指す方はぜひ、基礎からしっかり身につけていってくださいね!

 

【WEBデザイナーとは?】未経験でもわかりやすい最低限の知識

続きを見る

【厳選4校】WEBデザイナーを目指す人におすすめのプログラミングスクール

続きを見る

【3万円以上割引】デジタルハリウッド経由でAdobeをお得に買う方法

続きを見る

-WEBデザイン
-,

Copyright© LIYO MEMO リヨメモ , 2020 All Rights Reserved.