プログラミング WEBデザイン

【WEBデザイナーとは?】未経験でもわかりやすい最低限の知識

この記事は、「WEBデザイナーという言葉は聞いたことがあるけれど、実際は一体どんな職業なんだろう?未経験の自分でも挑戦できるかな?」と考えている方に向けて、WEBデザイナーのお仕事内容や必要な知識・スキルなどをご紹介しています。

WEBデザイナーとは

WEBデザイナーとは、所属する企業やクライアントからの依頼を受けて、主にWEBサイトなどのデザイン・製作を行う職業のことです。

お仕事の例には、以下があげられます。

  • 企業などの公式ホームページ作成(PC/スマホ・タブレット用)
  • ECサイト作成
  • ランディングページ作成
  • お問い合わせフォーム作成
  • バナー、アイコンの作成

インターネット社会の今は、ネットで気になる企業や商品、サービスなどの情報を確認したり、オンラインショッピングなど、様々な公式のWEBサイトを目にすることも多いですよね。

このようなWEBページを専門的な知識とスキルを持ってデザイン・作成しているのが、WEBデザイナーです。

 

WEBデザイナーの仕事内容

WEBデザイナーの具体的な仕事内容は、クライアントからの依頼内容や、チーム体制・業務分担などによっても異なってきますが、WEBサイトを作成する際の大まかな仕事はこのような流れになります。

  1. 要件定義を行う(必要な条件を明確にする)
  2. フレームワークを作成する
  3. デザインを作成する
  4. WEBサイトを構築する
  5. WEBサイトを運営する

 

大きな企業・デザイン事務所の場合はチーム内で役割分担されていることも多いです。

例えば、❶要件定義と全体の監督をWEBディレクター、❷フレームワークの作成〜❸デザイン作成をWEBデザイナー、❹WEBサイトの構築〜❺運営をフロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニアなどがメインで担当し、必要に応じてそれぞれがサポートしあって一つのWEBサイトを作り上げていくことになります。

そして、小さな企業の社内WEBデザイナーやフリーランスの場合には、もちろん案件の内容にもよりますが、❶案件定義〜❹WEBサイトの構築(場合によって❺)までWEBデザイナー1人で自走できるスキルを求められる場合もあります。

みつ
それぞれのお仕事内容について、詳しく確認していきましょう!

 

①要件定義を行う(必要な条件を明確にする)

クライアントや社内の関連部署などにヒアリングを行い、WEBページの目的やコンセプト、ターゲットユーザーや目標とするもの、納期など、製作にあたり最前提となる基礎部分の条件を明確にします。

ここが明確になっていることが、この先の作業を進めるにあたり、いかにブレずに目的に合ったサイトを作成できるかに関わってきます。

 

②ワイヤーフレームを作成する

ワイヤーフレームとは、WEBページ全体のレイアウトの枠組みを視覚化したものです。

要件定義で明確にした内容からWEBページに盛り込むべき内容を整理し、どこに・何を・どのように配置するのか、ユーザーの視覚誘導や使いやすさなども考えながら、図面にしていきます。

人それぞれにワイヤーフレームを図面に起こすツールは異なり、手書きで作成する方もいますが、PhotoshopやExcel、cacooなどのツールを使用して作成することが多いです。

 

③デザインを作成する

作成したワイヤーフレームを元に、サイトの配色やボタン、バナーなど全体的なデザインを作成していきます。

初めはいくつかのパターンを作成し、クライアントと相談を重ねながらデザインを決め、さらに調整をしていきます。

 

デザイン作成は、IllustratorやPhotoshop(by Adobe)などの画像編集ツールを使用することが多いです。

レイヤーという機能を活用することで、任意の部分ごとにデザイン案の切り替えができたり、色の変更などが容易なためです。

最終的にクライアントから了承を得られたら、次の工程に移ります。

【Photoshop|Illustrator|canvaの違い】最安値の購入方法も紹介!

続きを見る

 

④WEBサイトを構築する

HTML、CSS、JavaScriptなどの必要となるプログラミング言語を使用して、③で完成したデザイン・構成を再現したWEBサイトを作成していきます。

 

⑤WEBサイトを運営する

こちらは主には社内WEBデザイナーの場合や、クライアントとの契約内容などによりますが、作成したWEBサイトの定期更新や運営を担うこともあります。

 

WEBデザイナーとして働くために必要な知識とスキル

働き方や働く環境によって、実際に業務で活用する知識やスキルは多少異なるかもしれませんが、一般にWEBデザイナーとして働くためには、以下のような知識やスキルが必要となります。

 

WEBデザイナーになるために必要な知識

  • レイアウトや人間工学、配色や色彩などデザインに関する知識
  • 基本的なマーケティングに関する知識
  • Ilustrator、Photoshop(by Adobe)などの画像編集ソフトの使用スキル
  • サイト構築に必要なプログラミング言語の知識・スキル
    (言語例)HTML/CSS/JavaScript など
  • WordPressなどコンテンツ管理システムに関する知識

デザイナーと聞くと、「なんだかセンスが問われそう…」と不安に思うかもしれませんが、WEBデザイナーは上記に挙げたような、目的に合ったサイトを作成するために必要な知識をフル動員して、意図的にデザインを作成していきます。

知識やスキルをしっかり身につけ、経験を積んでいくことで、確実に実力が備わっていきます。

また、デザインだけに偏らず、プログラミング言語やWordPressなどのシステムに関する知識やスキルを持っていることで自分の活躍の場も広がりますので、ぜひ学んでおきたいところです。

 

▼Adobeソフトを3万円以上お得に購入する方法

【3万円以上割引】デジタルハリウッド経由でAdobeをお得に買う方法

続きを見る

デジハリオンライン
Adobeマスター講座

詳しく見る

通常価格72,336円が39,980円(年間)に!

 

WEBデザイナーになるために必要な資格

実は、WEBデザイナーになるために必須となる資格は特にありません。

ただ、WEBデザイナーとして必要な知識を持っていることを証明できる資格には以下のようなものがあります。

 

WEBデザイナーに役立つ資格一覧

  • ウェブデザイン技能検定
  • Webデザイナー検定
  • Webクリエイター能力認定試験
  • カラーコディネーター検定
  • HTML5プロフェッショナル認定資格
  • PHP技術者認定試験
  • Photoshop®クリエイター能力認定試験
  • Illustrator®クリエイター能力認定試験
  • アドビ認定エキスパート(ACE)

資格を取得していると、自分の持っているスキルをわかりやすく伝えることができますし、資格取得により自分自身も自信が持てる、勉強の一つの目標としてやる気がでる場合には、ぜひ挑戦してみると良さそうです。

 

WEBデザイナーの働き方

WEBデザイナーとして働く場合、主に以下の3つの働き方があります。

  1. インハウス(社内WEBデザイナー)
    →企業に就職をして、自社サービスのWEBサイトのデザイン・製作・運営を継続的に担当します。
  2. WEB製作会社、デザイン事務所
    →デザインを請け負う企業に就職して、自社に持ち込まれた依頼を元に、社外のクライントのWEBサイトのデザイン・製作などを行います。
  3. フリーランス
    →自分自身で営業やお仕事募集を行ったり、クラウドソーシングサイト等を利用して案件を獲得し、業務を担当します。

フリーランスになる場合実績が必要になるので、一般企業の社内デザイナーもしくはWEB制作会社などで経験・実績を積んでからフリーに転身するのをおすすめします。

 

未経験からWEBデザイナーを目指すなら

もし未経験からWEBデザイナーとして働くことを目指すなら、プログラミングスクールを活用するのがおすすめです。

ズバリ理由は以下の4つにあります。

  1. WEBデザイナーを目指す人に向けた専門のコースが用意されている
    必要な知識の獲得だけでなく、実践学習を通して現場で活用できる確実なスキルを身につけることができます。
  2. 卒業製作や課題などによって、就職・転職活動でのアピールにも活用できる成果物を作り上げたり、実績を得ることができる
  3. 現役WEBデザイナー・プログラマーが講師を勤めているスクールでは、WEBデザイン業界に関する情報をリアルタイムに獲得することもできる
  4. 就職・転職・フリーランスに向けたサポートが受けられるスクールもある

独学では限りがあることもあったり、専門性の高いことを学びながら転職活動もするとなると、なかなかパワーのいることですが、プログラミングスクールでは専門的な学びに加えて、現場の情報を知れたり、就職・転職・案件獲得までをがっちりサポートしてくれるものもあるので、本気で目指すのなら、スクールを利用するのは確実な手段と言えます。

無料相談や体験会を開催しているプログラミングスクールも多いので、自分に合うかどうか、利用のしやすさも含めて吟味してみてください。

まとめ

今回は、WEBデザイナーについてご紹介しました。

未経験から始める場合には専門的な知識・スキルを獲得する必要はありますが、一度身につけたスキルは働きながらもどんどん磨き続けて行くこともできますし、実績も積んでいけます。

WEBデザイナーをはじめ、プログラミングスキルを活かした職業は、働き方も豊富なので、気になる方はぜひ他の記事もチェックしてみてくださいね。

【厳選】初心者(未経験者)におすすめのプログラミングスクール

続きを見る

【厳選4校】WEBデザイナーを目指す人におすすめのプログラミングスクール

続きを見る

【3万円以上割引】デジタルハリウッド経由でAdobeをお得に買う方法

続きを見る

-プログラミング, WEBデザイン
-, ,

Copyright© LIYO MEMO リヨメモ , 2020 All Rights Reserved.