WEBライター ブログ・アフィリエイト

コピペチェックツールCCDの使い方は?一致率を下げる4つのコツ

ブロガーやwebライターは、オリジナル性の高い記事を作成していく必要があります。

とはいえ、自分が書いた記事にオリジナル性があるかどうかを手動で確かめるのはほぼ不可能です。

 

そんな時におすすめなのが「コピペチェックツールCCD」という無料ツールです。

 

この記事では、ブロガーやwebライターにとっての必須ツールとも言える、コピペチェックツールCCDの使い方や一致率を下げる方法について詳しく解説していきます。

 

コピペチェックツールCCDってそもそも何?

コピペチェックツールCCDというのは、その名の通り、記事がコピペで作られていないかどうかを確かめるためのツールです。

このツールを活用することにより、記事にオリジナル性を持たせられるようになりますので、質の高い記事を作成できるようになります。

 

冒頭でも解説したように、このツールは無料で使うこともできますので、ブログを始めたばかりの方や、webライターになりたての方にもおすすめです。

 

コピペチェックツールCCDを見てみる

 

コピペチェックツールCCDで確認できる項目とは?

 

  1. 類似度判定
  2. 一致率判定
  3. テキスト判定

では次に、コピペチェックツールCCDで確認できる項目の種類について、詳しく見ていきましょう。

 

類似度判定

類似度判定では、文字列の完全一致や部分一致を検知してくれます。

他の記事と丸々同じ文章があったり、一部同じ文章があったりすると、数値が高くなってしまいます。

 

仮に参考記事を一切使っておらず、自分の中にある知識だけで書いていたとしても、たまたま文章が被ってしまい、類似度が高くなってしまうこともありますので注意してください。

とはいえ、他の記事を意図的にコピペしていなければ、そこまで数値は高くなりませんので、あまりに気にする必要はないと言えるでしょう。

一致率判定

一致率判定では、

  • 単語
  • 言葉

の被りを検知してくれます。

 

ほとんどのブロガーやwebライターが、この一致率の数値に苦しんでいます。

なぜなら、一致率というのは、意図的にコピペをしたり、真似したりしていなくても数値が高くなってしまうことがあるからです。

 

テキスト判定

テキスト判定というのは、ネット上にある文章とのコピペ率をチェックするのではなく、既にコピペチェックツールCCDを使ってチェックした記事とのコピペ率をチェックしてくれています。

 

あまりに気にする必要はありませんが、場合によっては、数値がかなり高くなってしまうこともあります。

そんな時は、過去にチェックした記事を「チェック対象外」に設定したうえで、再度試してみると良いでしょう。

 

コピペチェックツールCCDを使うメリットは?

  1. オリジナル性の高さをチェックできる
  2. 納品時のトラブルを防げる

では次に、コピペチェックツールCCDを使うメリットについて、詳しく見ていきましょう。

 

オリジナル性の高さをチェックできる

コピペチェックツールCCDを使うことによって、記事のオリジナル性を担保できるようになります。

グーグルは、コピペ率が高い記事や、類似率が高い記事を、検索圏外に飛ばすような仕組みを採用しています。

 

コピペチェックツールCCDにかけて、オリジナル性を維持することができれば、グーグルからも評価されやすくなり、上位表示できる可能性が高くなるのです。

また、オリジナル性の高い記事は、読者からの評判も高くなりやすいため、コンバージョンにも繋がりやすくなります。

 

納品時のトラブルを防げる

webライターとして活動している方にとっても、コピペチェックツールCCDは必須ツールです。

 

中には、

「コピペはしていないから」

という理由で、チェックをせずに納品してしまっている方もいますが、先ほども解説したように、コピペチェックをしていなくても数値が高くなってしまうことがあります。

 

コピペ率が高い状態で納品をすると、クライアントからの信頼を大きく損ねる原因になり、トラブルにも繋がりやすくなります。

事前にコピペチェックツールCCDを使ってチェックをしておくことによって、納品時のトラブルを防げるようになるのです。

 

コピペチェックツールCCDで一致率が高くなる原因とは?

 

  1. 需要の高いジャンルで書いている
  2. オリジナル要素が薄い
  3. コピペしている

では次に、コピペチェックツールCCDで一致率が高くなる原因について、詳しく見ていきましょう。

 

需要の高いジャンルで書いている

ネット上には、

  • 需要が高いジャンル
  • 需要が低いジャンル

が存在しています。

 

クレジットカードや転職など、需要が高いジャンルで執筆をした場合、既に網羅性の高い記事が多く存在していますので、一致率が高くなってしまうことがあるのです。

また、正解が1つしかない記事、誰が書いても同じ内容になる記事についても、一致率が高くなる傾向にありますので注意しましょう。

 

オリジナル要素が薄い

コピペチェックツールCCDは、記事のオリジナル性を確かめるツールですので、オリジナル要素が薄い場合は数値が高くなります。

 

例えば、

  • 言葉は変えているが、内容が大体同じ
  • 言葉の順番を変えているだけ

というような記事です。

 

他の記事をリライトしたような記事を書いてしまっていると、一致率が高くなりやすいため注意しましょう。

 

コピペしている

言うまでもありませんが、他の記事の文章をコピーして、それを自分の記事に貼り付けている場合も、一致率が高くなります。

コピペチェックツールCCDは、比較的精度が高いツールですので、丸ごとコピペした場合は、一致率が100%(危険)という状態になります。

この状態でブログにアップした場合、ペナルティを食らう可能性がありますので注意が必要です。

 

コピペチェックツールCCDの一致率を下げるコツは?

 

  1. キーワードの数を減らす
  2. 部分的に書き直す
  3. オリジナル性の高い内容を追記する
  4. ライティングスキルを底上げする

では次に、コピペチェックツールCCDの一致率を下げるためのコツについて、詳しく解説していきます。

 

キーワードの数を減らす

コピペチェックツールCCDの一致率が高い時に、真っ先に試してほしいのが、キーワードのカットです。

SEOを意識すべく、できるだけ多くのキーワードを盛り込んで書いている方も多いと思いますが、需要が高いキーワードの場合は、一致率が高くなってしまう可能性があります。

 

全てのキーワードをカットするのは現実的ではありませんし、SEO的にもマイナスですが、全体のバランスを考えながらキーワードの数を調整していくことによって、一致率を下げられる可能性が高くなります。

また、

「どうしても関連キーワードを減らしたくない」

という場合は、メインキーワードの含有率を下げ、代わりに共起語を盛り込んでみるのがおすすめです。

 

部分的に書き直す

コピペチェックツールCCDは、チェックした項目の詳細情報を見ることができます。

チェック項目一覧の詳細表示一率判定詳細をクリックすることにより、一致している部分が赤字で表示されます。

 

この部分を改善することによって、大幅に数値を下げられる可能性が高くなるのです。

 

オリジナル性の高い内容を追記する

執筆している分野に関連する知識がある場合は、自分が持っているオリジナルの内容を盛り込んでみるのもおすすめです。

そうすることによって、他の記事にはない内容が追記されますので、一致率が下がる傾向にあります。

だし、自分が持っているオリジナルの情報を盛り込む時は、その情報の正確性を確かめなければなりませんので、慎重にリサーチを行いましょう。

ライティングスキルを底上げする

コピペチェックツールCCDの一致率を下げるためには、ライティング技術を底上げすることが大切です。

ライティング技術を底上げして、キーワードのバランスが取れた記事、正確な情報を盛り込んだオリジナル性の高い記事を作成できるようになれば、自ずと一致率も下がってきます。

 

とはいえ、ライティングスキルというのはかなり奥が深く、1日や2日で向上させることはできません。

「効率的にライティングスキルを向上させたい」

そう考えている方は、ライティングスクールを利用して、専門的なスキルや知識を学習していきましょう。

 

ウェブライタースクールおすすめはどこ?後悔しない選び方も解説!

続きを見る

 

まとめ

コピペチェックツールCCDというのは、ブロガーやwebライターにとっての必須ツールです。

このツールを使うことによって、記事のオリジナル性を担保できるようになりますので、上位表示できる可能性や、クライアントから高評価を貰える可能性が高まります。

 

コピペチェックツールCCDは、誰でも無料で使うことができる便利なツールとなっていますので、興味がある方は是非一度試してみてください。

 

コピペチェックツールCCDを見てみる

 

webライターの単価交渉|初心者が収入アップできるポイントを解説

続きを見る

-WEBライター, ブログ・アフィリエイト
-