WEBライター

「webライターはレベルが低い」と言われる理由と改善策まとめ

副業ブームが到来している昨今において、特別なスキルや知識が必要ない「webライター」という仕事が人気を集めています。

 

ただ、ネットやSNSなどを見ていると、

「webライターはレベルが低い」

という口コミや意見が多くあり、中には、

「webライターに発注するくらいなら自分で書いた方が早い」

というかなり過激な口コミもありました。

 

そこでこの記事では、webライターはなぜレベルが低いと言われているのか、レベルが低いと言われないためにはどうすればいいのかということについて詳しく解説していきます。

 

▼この記事でわかること

  • なぜWEBライターはレベルが低いと言われてしまうのか
  • レベルが低いと言わせないために!

 

監修者情報


りよ

  • 企業サイト記事、ブログ記事、LP制作などライター歴4年
  • WEBメディアのディレクターもしてます(サイト設計・立ち上げ・ライター育成)
  • 求人サイトやAffinger公式サイトなどで紹介・A8ブログコンテスト入賞

 

ウェブライタースクールおすすめはどこ?後悔しない選び方も解説!

続きを見る

 

「webライターはレベルが低い」と言われる理由は?

では早速、webライターはレベルが低いと言われている理由について、詳しく見ていきましょう。

 

自称「webライター」がいるから

冒頭でも解説したように、webライターには特別なスキルや資格が必要ありません。

最低限の文章力、理解力、コミュニケーション能力があれば、クライアントから仕事を貰えます。

 

ただ、中には最低限の知識やスキルがないにもかかわらず、

「プロのwebライターです」

と名乗ってしまう方がいるのです。

 

このような自称webライターに発注をかけたとしても、質の高い記事は上がってきません。

これが「webライターはレベルが低い」と言われる代表的な原因と言えます。

 

責任感が低いwebライターがいるから

webライターの中には、責任感のかけらもない方がたくさんいます。

 

例えば、

  • 納期を守らない
  • 連絡を何日も返さない
  • 取引が終わっていないにもかかわらず飛ぶ(連絡が取れなくなる)

などです。

 

もちろん、中には責任感のあるwebライターもたくさんいるのですが、一部の質が低いwebライターのせいで、

  • webライター=レベルが低い
  • webライター=社会不適合者

というようなネガティブなイメージがついてしまっているのです。

 

りよ
無資格で気軽に始められるとは言っても、仕事です。

音信不通など、最低限の社会人マナーを守れないライターがいるのは残念ですね。

 

SEOの知識がないwebライターがいるから

webライターとして活動していくためには、SEOの知識が必要不可欠です。

SEOというのは、検索エンジン最適化の略称で、簡単に言ってしまうと記事を検索上位に表示するための取り組みを指します。

 

SEOの知識があれば、クライアントにも貢献しやすくなりますので、たくさんの案件を貰えるようになります。

 

ただ、先ほども解説したようにwebライターには特別なスキルや知識が必要ないため、

「SEOが得意です!」

と、本当は知識がないにもかかわらず、はったりをかまして仕事を取ろうとするwebライターが一部存在しているのです。

 

このようなwebライターがいることも、レベルが低いと言われている理由の1つと言えます。

 

りよ
SEOは奥深いですからね…

自分でトライアンドエラーを重ねたり、専門知識をプロから教えてもらったりして培うスキルです。

 

▼SEO検定について知りたい人はこちら

webライター検定とは?初心者が受けるメリットを徹底解説!

続きを見る

 

コピペで納品するwebライターもいるから

信じられない話かもしれませんが、webライターの中には、他の記事をコピペして納品する方もいます。

 

りよ
これは悪質。ルール違反すぎます!!!

 

言うまでもありませんが、webライターにとってコピペというのはご法度であり、場合によってはクライアントが責任を問われてしまうこともあります。

 

このような基本的なルールを理解していないwebライターが多いこともあって、

「webライターはレベルが低い」

と言われてしまっているのです。

 

関連ツールを扱えないwebライターもいるから

webライターとして活動するためには、

  • キーワード選定ツール
  • 画像編集ツール
  • ワードプレス

など、様々な関連ツールの操作スキルが必要になってきます。

 

初心者ライターの中には、このようなツールを一切使えず、プレーンテキスト(文章だけ)しか作成できない方も多いため、レベルが低いと言われてしまっているのです。

 

りよ
"WEB"のライターだからこそ必要なスキルを身につけておきましょう。

 

自分の書きたいように書くwebライターがいるから

webライターの仕事は、クライアントから依頼された記事を、希望通りに作成することです。

 

中には、

「自分の好きなように書きたい」

と考えている方もいますが、これはwebライターの本質ではありません。

 

どれだけ読みやすい記事を書いても、クライアントの希望に一切沿っていない場合は「質の高い記事」とは認められないのです。

 

りよ
クライアントのニーズに応えることが大切です!

 

「webライターはレベルが低い」と言わせないためにはどうすればいいの?

では次に、webライターはレベルが低いと言わせないためのコツについて詳しく解説していきます。

これから紹介することをしっかりと吸収し、行動に移すことができれば、たくさんのクライアントから評価される優秀なwebライターに成長できるでしょう。

 

徹底的に知識を吸収する

冒頭でも解説したように、webライターには特別なスキルや知識が必要ありません。

ただ、質の高いwebライターになり、クライアントからの信頼を獲得するためには、ある程度のスキルや知識が必要になります。

徹底的に知識を吸収し、日々レベルアップすることができれば、質の高いwebライターとして評価されやすくなりますので、仕事の幅も広がっていくでしょう。

 

経験を積む

webライターに限らず、1つの分野で評価されるためには、経験を積むことが大切です。

たくさんのクライアントと取引をして、たくさんの記事を執筆していけば、自ずとスキルレベルや知識レベルが向上していきます。

ただし、目的を持たずに数をこなしても、それは単なる「作業」ですので、1つ1つの業務を丁寧に行い、様々な知識を吸収していきましょう。

 

未経験からwebライターになれる?在宅で稼ぐための6つのステップ

続きを見る

 

納品前に徹底的にチェックを行う

webライターも人間ですから、ミスをしてしまうこともあります。

ただ、このようなケアレスミスは、納品前のチェックによってある程度防げるようになります。

 

例えば、

  • 表記ゆれ
  • 誤字脱字

などを納品前にチェックすることによって、記事の質を底上げできるようになるのです。

 

自分でもブログを運営してみる

webライターとしてのレベルを上げたいと考えている方は、自分でブログを運営してみるのがおすすめです。

 

そうすることによって、

  • キーワード選定のコツ
  • SEOの基礎知識
  • 装飾のコツ

などが身につきやすく、クライアントの気持ちがわかるようになります。


よりクライアントの気持ちに寄り添いたいと考えている方は、自分が運営しているブログの記事を、他のライターに外注してみましょう。

受注者と発注者の気持ちを両方理解することができれば、スムーズ且つ効率的に仕事を進められるようになります。

 

りよ
私は記事を自分で書く・外注する・ディレクションするの全てを行なっています。

それぞれの視点から学びがあるので、おのずとレベルアップしていきますよ!

 

コミュニケーションスキルを高める

初心者の中には、「人と話すのが苦手だからwebライターになりたい」と考える方もいます。

webライターは、クライアントとチャットでやり取りをすることが多いため、人との会話が苦手な方には最適な仕事です。

 

ただし、

  • 相手の気持ちを読み取る
  • 相手の質問にわかりやすく答える

というようなコミュニケーション能力は大切になります。

 

このスキルが欠けてしまっていると、認識の相違が生まれやすく、トラブルの原因になりますので注意が必要です。

 

りよ
対人する必要ないですが、相手の気持ちを汲むスキルは必要です。

文章だけで気持ちをやりとりするので、より丁寧なコミュニケーションが求められます。

 

webライティングスクールに通う

webライターとしてのレベルを底上げしたいと考えている方は、ウェブライティングスクールに通ってみるのがおすすめです。

ウェブライティングスクールでは、基本的な文章術からSEOの知識、クライアントとのコミュニケーションや仕事の取り方など、webライターとしての心構えを丁寧に教えてくれます。

 

また、webイター仲間を作り、横のつながりを広げていくことも可能になりますので、興味がある方は是非挑戦してみてください。

ただし、ウェブライティングスクールにはたくさんの種類があり、それぞれで特徴や料金が異なりますので、下記の記事を参考にしながら自分に合ったスクールを探していきましょう。

 

りよ
結局、知っている人に教えてもらうのが最も効率がよかったりします。

もちろん、自身のトライアンドエラーも大切ですよ!

 

ウェブライタースクールおすすめはどこ?後悔しない選び方も解説!

続きを見る

 

まとめ

webライターは、言ってしまえば誰でもできる仕事です。

それゆえ、残念ながら「webライターはレベルが低い」というイメージが定着しつつあります。

 

真剣にwebライターに挑戦している方からすると、このような評価はかなりショックですよね。

 

クライアントからの信頼を獲得し、レベルの高いwebライターとして認識してもらいたいと考えている方は、今回紹介したことを参考にしながら、少しずつ自分のレベルを高めていきましょう。

 

\ ライタースクール一発チェック /

 
通信講座たのまな
あなたのライターキャリア講座
Writing Hacks
あなたのライターキャリア講座
あなたのライターキャリア講座
あなたのライターキャリア講座
SHElikes
あなたのライターキャリア講座
web+Media School
あなたのライターキャリア講座
コース名WEBライティングコース--WEBライティングコースライティングコース
受講料(税込)32,000円69,800円49,800円〜月額8,167円〜385,000円
在宅受講
未経験
ポイントWEBライティング実務士が取れるカリスマブロガー主催 29のコースを定額学び放題 
公式サイト 詳しく見てみる詳しく見てみる詳しく見てみる詳しく見てみる詳しく見てみる

 

 

 

-WEBライター
-