WEBデザイン

【UIデザインとは?】基礎や学び方、UXとの違いなどご説明!

はじめに

UIデザインってどんなデザイン?

UXデザインとの違いは?

UIデザインの概念を知っていないと、WEBデザイナーになれない?

 

などなど、この記事では、特にWEBデザイン業界で耳にする「UIデザイン(UXデザイン)」について説明します。

実はUIデザインという概念は、WEBデザイン業界の話だけでもなく、デザイナーさんだけが知っていれば良いというものでもありません。

初心者さんにも、デザイナーさん以外も理解しやすいように、お話していきますね!

 

UI/UXデザインとは?

簡単に言ってしまえば「ユーザーが使いやすい、理解しやすいデザイン」という意味です。

あるWEBサイトで料金が知りたい時に、直感的に操作できてさっと料金ページに移動できる場合は、UI/UXデザインがgood!

知りたいことが書いてあるページが見つからない、たどり着けない…という場合はUI/UXデザイン改善の余地あり、ということです。

 

主にWEBデザインの用語として定着していますが、WEB以外の場面でもUI/UXデザインの概念は用いられています。

 

UIとは?

UI=ユーザーインタフェース(User Interface)

意味:ユーザーとの接点

 

主にWEBデザインで使われるのワードなので、WEBサイトで「ユーザーとの接点」を考えてみましょう。

 

ユーザーが触れる部分の代表例は「(知りたい情報があるページにジャンプするときに押す)ボタンやバナー 」です。

当サイトのサイドバーの一部です。

キャリカレの公式サイトに行きたいなーと思ったら、この黄色いボタンに触れます。

この触れるボタンそのもののことを、ユーザーとの接点=UIといいます。

この画像の例で言うと、UIデザイン=ボタンのデザイン(配置の仕方なども含む)となります。

 

ちなみに広義では、WEBサイトのデザイン全てを「UIデザイン」と捉えることができます。

デザインの全てが、視覚的にユーザーと接しているためです。

 

WEB業界以外でも、駅の券売機やリモコンのボタンなど、幅広い業界でUIデザインは考慮されています。

 

 

UXとは?

UX=ユーザーエクスペアリエンス(User Experience)

意味:ユーザーの体験

直訳のまま、ユーザーの体験のことです。

体験には感情も含まれるので、「ユーザーの感情」とも言っても良いでしょう。

優れたUX=優れたユーザーの体験(と伴う感情)です。

そんな優れた体験をさせてくれるデザインが「UXデザイン」です。

 

優れた体験の例は、「操作がスムーズで快適!」「このサイトを見てよかった」など。

私たちがWEBサイトで行きたいページにすぐ行けるのも、取扱説明書を読まずに券売機で切符を買えるのも、優れた体験の一つです。

 

UIデザインとUXデザインの違いは?

  • UIデザインは、ユーザーとの接点そのもののデザイン。
  • UXデザインは、ユーザーに体験を与えるデザイン。

 

先ほどの例で言うと、ボタンデザインそのものがUIデザイン。

黄色いとか、ちょっと立体的とか。

 

そして、このデザインが「ストレスフリーの操作性」や「公式サイトへの興味関心」などの、体験や感情を与えることをUXデザインと言います。

 

なぜUI/UXデザインと一括りにするの?

わかりやすく・操作しやすいデザイン(UI)は、ユーザーに快適さや充実感(UX)を与えます。

つまり「良質なUXには良質なUIデザインが不可欠」。

そのため、UI/UXデザインと一括りにすることが多いのです。

 

りよ
「UIは悪くて、UXは良い」ということは「わかりにくいデザインで助かったわ!」ということ。

これでは矛盾してしまいます。

 

UIとUXは、どちらかが良い・悪いということはありません。

その切っても切り離せない関係性こそが「UI/UXデザイン」と一括りにする、大きな理由です。

 

UI/UXデザインはなぜ大切なのか

利用がスムーズでストレスフリー。ユーザーに優しい。

前述しまいたが、知りたい情報を全然見つけられない(たどり着けない)サイトはユーザーに不親切です。

また、駅で切符を買う時に、取扱説明書を読まないと買えないなんて…困ります。

 

多数の人が、直感的に迷わず利用できるデザインを作れることが、最も大きなメリットです。

 

「あらゆる人」にとって優しいか、考える必要もあり

世の中には、色覚異常がある方もいらっしゃいます。

一般的にわかりやすい配色でも、色覚異常の方に見えにくい場合もあります。

 

りよ
警告の赤色も、実は色覚異常のある方が認識しにくいなんてことも…。

そのため、UI/UXデザインを極めたい方は、色覚異常に関する知識を持ってるとgoodです!

 

色彩検定UC級では、色のユニバーサルデザインについて学べます。

【色彩検定UC級の合格体験記】受験感想やまとめノートをお届け!

続きを見る

 

りよ
UC級は私も持っています!

知ってると知らないとでは、大きな差が生まれる分野です。

デザインに携わる方には、ぜひザッとでも知っていてほしい知識です。

 

ビジネスとして「誘導力」が上がる

WEBサイトを構築する際に「たどり着いてほしいページ」があります。

商品を購入できるクロージング(成約)ページなどです。

 

そこに自然と誘導するには、優れたUI/UXデザインが必須です。

ユーザーが欲しい商品があっても、商品情報や購入方法がわかりにくかったりすると、ユーザーの体験(UX)が下がってしまうからです。

 

UI/UXデザインの学ぶメリット

前章の「なぜ大切なのか」では、社会的に見た大切さをお話しました。

ここでは、UI/UXデザインを学んだデザイナーさんにとってのメリットをピックアップします。

  • ユーザーに優しいサイトが作れるようになる
  • 仕事でのアピールポイントになる
  • 配慮スキルがUPする

「ユーザーに優しい」というのはデザイナーとして「良い仕事」ができるということ。

良い仕事ができるということは、仕事上でのアピールポイントになります。

 

また、UI/UXデザインが他者目線を意識した作業であるため、他者への配慮スキルは自然とアップします!

 

UI/UXデザインのスキルが活きる仕事

主に、WEBデザイナー。

それ以外にもプロダクトデザイナー(商品デザイナー)など、各種デザイナー業もおすすめです。

 

その他にも、機械設計や建築関係など「デザインによって他者に良質な体験を与える職業」に、UI/UXデザインのスキルが役立ちます。

 

UI/UXデザインのスキルがないとWEBデザイナーになれないのか?

必須というわけではありませんが、非常ーーーに大切なスキルです。

 

学ばずとも、センスでデザインできてしまう人はいるでしょう。

しかし、仕事にはコミュニケーションが発生するので、センスでできていることを言語化するための知識も大切です。

また、センスがそこまで及ばなくとも、理論でデザインを作ることも可能です。

 

必要最低限のスキルを学んだ次のステップにおすすめしたい、とても重要なスキルです。

 

まとめ

この記事では、UI/UXデザインの基礎知識をお話しました。

要点まとめ

  • UI=ユーザーインタフェース=ユーザーとの接点
  • UX=ユーザーエクスペアリエンス=ユーザーの体験
  • 良質なUXデザインには良質なUIデザインが必須(切っても切り離せない関係!)
  • WEBデザイナーなど「デザインによって他者に良質な体験を与える職業」に活かせるスキル

特に理解してほしいのは、UIとUXは切っても切り離せない関係であり、ユーザーに配慮された優しいデザインであるということです。

りよ
自分がデザインしたものが、ユーザーさんに良質な体験を与える。

デザイナーさんにとって、このことはとても嬉しい成果なのではないでしょうか!

 

【厳選4校】WEBデザイナーを目指す人におすすめのプログラミングスクール

続きを見る

【色彩検定UC級の合格体験記】受験感想やまとめノートをお届け!

続きを見る

【3万円以上割引】デジタルハリウッド経由でAdobeをお得に買う方法

続きを見る

-WEBデザイン
-,

Copyright© LIYO MEMO リヨメモ , 2020 All Rights Reserved.