WEBライター

ウェブライターの仕事はきつい?きつい時期を乗り越えるコツは?

ウェブライターに挑戦してみたいと考えている方の中には、

「辛いって聞くけど本当かな・・・」

「自分にもできるかな・・・」

と不安に思っている方もたくさんいるでしょう。

 

そこでこの記事では、ウェブライターはどのような仕事をするのか、なぜきついと言われるのか、きつい時期を乗り越える方法はあるのかということについて、詳しく解説していきます。

 

ウェブライターってそもそもどんな仕事をするの?

ウェブライターというのは、クライアントから依頼された記事を希望通りに作成して納品する、というシンプルな仕事です。

作成する文章は多岐に渡り、ブログ記事を依頼されることもあれば、YouTube動画の台本を依頼されるケースもあります。

 

ウェブライターは、パソコンとWi-Fiさえあればいつでもどこでも仕事が行えますし、特別なスキルや資格がなくても挑戦できますので、近年副業初心者から注目を集めているのです。

 

ウェブライターがきついと言われる理由とその対処法

  1. 専業になると1日中パソコンの前に座りっぱなし
  2. 人と会話をする機会がない
  3. 仕事が見つからないこともある
  4. クライアントと音信不通になることもある
  5. 納期に追われる
  6. 厳しいフィードバックを返されることもある

 

ウェブライターに関する情報を検索すると、

「きつい」

「大変」

「やめた方がよい」

という内容の記事がいくつかヒットします。

 

中には、

「どこが大変なの?」

「何がきついの?」

という疑問を抱えている方もいるでしょう。

 

以下、ウェブライターがきついと言われる理由と、その対処法について詳しく解説していきます。

 

専業になると1日中パソコンの前に座りっぱなし

副業でウェブライターに挑戦する方も多くいますが、ウェブライターで生計を立てている「専業ライター」も一定数存在しています。

ただ、専業ライターになると、1日中パソコンの前に座りっぱなしになりますので、精神的、肉体的な疲れを感じやすくなるのです。

 

パソコン作業が苦手な方や、ウェブライターの仕事がそこまで好きではない方は、挫折する可能性が高いと言えます。

 

専業ウェブライターとして活動していきたいと考えている方は、

【対策】

  • 適度に散歩をする
  • 定期的に立ち上がりストレッチをする

というようなことを意識して、肉体的な疲労や精神的なストレスを発散するようにしましょう。

 

人と会話をする機会がない

ウェブライターというのは、基本的にネット上で取引が完結します。

ZOOMなどを用いて、オンラインでクライアントと面談をすることもありますが、チャットだけでコミュニケーションか完結するケースもあるのです。

 

このようなことから、専業ウェブライターになると人と会話をする機会が極端に減ります。

場合によっては、孤独感や虚無感に襲われることもあり、このような状態に耐えられず挫折している初心者ライターもたくさんいます。

 

専業ウェブライターになると決めたのであれば、自ら積極的に外出をして、たくさんの方とコミュニケーションを取るようにしましょう。

 

仕事が見つからないこともある

ウェブライターとして活躍するためには、自ら積極的に営業を行っていかなければなりません。

ただ、必ずしも仕事が見つかるとは限らず、

  • 興味のある案件がない
  • 自分のレベルに合った案件がない
  • ライバルに取られてしまった

という状態になることもあります。

 

ウェブライターとして効率的に稼いでいくためには、

  • 実績
  • 評価
  • ポートフォリオ

などが重要になります。

 

営業前に上記要素をしっかりと見直し、クライアントの目に止まるような営業を行っていきましょう。

 

クライアントと音信不通になることもある

ウェブライターとして活動していると、クライアントと音信不通になるというトラブルに巻き込まれるケースがあります。

クライアントと連絡が取れなくなると、

  • 納品
  • 支払い

などにも影響が出てしまいますよね。

 

このようなトラブルを避け、安心して仕事を進めたいと考えている方は、

などの、クラウドソーシングサービスを活用してみましょう。

 

クラウドソーシングサービスは、運営が取引の仲介に入ってくれますので、支払い遅延や持ち逃げなどを防止できるようになるのです。

 

納期に追われる

ウェブライターとして経験を積み、クライアントからの信頼を得られるようになると、請け負える案件も多くなります。

ただ、案件が多くなると、納期日管理も大変になりますので、

「明日までに〇記事仕上げないと・・・」

「毎日が納期で、精神的に疲れる・・・」

という状態になることもあるのです。

 

初心者の頃は、何でもかんでも請け負ってしまいがちですが、自分一人で行える作業には限界がありますので、無理のない範囲で受注するようにしましょう。

 

厳しいフィードバックを返されることもある

ウェブライター初心者の頃は、クライアントから厳しいフィードバックを受けることもあります。

場合によっては、

「話になりません」

「別の方に依頼した方がよかったです」

というような、きついフィードバックをされてしまうこともあるのです。

 

こう聞くと、

ウェブライターとしてレベルアップするまでの辛抱だ

と考える方もいるのですが、記事の好みや文章の好みやクライアントによって分かれますので、ウェブライターとして経験を積んでいたとしても、厳しいフィードバックを受けるケースがあります。

 

このようなフィードバックに対して深く考えすぎてしまうと、自分への自信を失う原因になりますので、

「二度と同じ失敗をしない」

と心に誓い、早い段階で気持ちを切り替えるようにしましょう。

 

初心者ライターがきつい時期を乗り越えるとどうなる?

 

  1. 脱サラできる
  2. 収入が上がる
  3. 自動で仕事が入ってくるようになる

 

脱サラできる

きつい時期を乗り越えて、ある程度仕事が安定してくるようになると、脱サラを視野に入れられるようになります。

経験を積み、スキル上がれば単価の交渉も行いやすくなりますので、会社員時代よりも多くの報酬を獲得しやすくなるのです。

 

実際に、月収50万円から100万円以上の報酬を稼ぎ出している専業ライターもいますので、脱サラをしたいと考えている方は、諦めずに挑戦してみてください。

 

収入が上がる

先ほども解説したように、ウェブライターとしてのスキルや経験を積むことにより、単価交渉が行いやすくなり、提案営業が通りやすくなります。


そうなると、必然的に請け負える案件も増えますし、1件当たりの単価も高くなりますので、収入アップに期待できるようになるのです。

 

自動で仕事が入ってくるようになる

クラウドソーシングサービスでは、実績や評価が命になります。

良い評価を集め、実績数が多くなると、それだけでクライアントから信頼されるようになりますので、自動で仕事が入ってくるようになるのです。

 

クラウドソーシングのアカウントをコツコツ育てることにより、営業の手間を省けるようになりますので、効率的に稼ぎたいと考えている方は、

  • 良い評価を集めること
  • 実績数を増やすこと

を意識しながら作業を進めてみましょう。

 

初心者ウェブライターが効率的に稼ぐには?

  1. 正しい稼ぎ方、立ち回り方を身に付ける
  2. スクールに通って知識とスキルを身に付ける

 

正しい稼ぎ方、立ち回り方を身に付ける

ウェブライターとして稼ぐためには、

  • 文章力
  • SEOの知識

なども必要になりますが、「立ち回り方」も重要になってきます。

  • どのクライアントから仕事うけるのか
  • どのようなジャンルの仕事うけるのか

ということを正しく判断し、効率よく立ち回れるようになれば、初心者でも高額報酬を稼ぎ出せるようになるでしょう。

 

「稼ぎ方のコツをもっと具体的に知りたい」という方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

ウェブライターの稼ぎ方とは?初心者が覚えておくべき6つのコツ

続きを見る

 

スクールに通って知識とスキルを身に付ける

ウェブライターは、スキルや資格がない方でも始めることができます。

ただ、効率的に稼ぐためには、ある程度のスキルや知識が必要になってきます。

 

ウェブライターに必要な知識やスキルは、実践を通して身に付けることができますが、より効率的にレベルアップしたいと考えている方は、ウェブライター向けのスクールに通ってみると良いでしょう。

 

おすすめのスクールや、スクールの選び方について気になっている方は、こちらの記事を参考にしてみてください。


 

まとめ

ウェブライターは、初心者にもおすすめの仕事ですが、

  • きつい部分
  • 大変な部分

もいくつか存在しています。

 

きつい部分や大変な部分を乗り越える方法を身に着けておかないと、途中で挫折してしまう可能性が高くなります。

これからウェブライターを始める方、ウェブライターとして活動を始めて間もない方は、今回紹介したことを参考にしながら、上手にきつい時期を乗り越えていきましょう。

 

\ 人気記事 /

-WEBライター