WEBライター

ウェブライターの稼ぎ方とは?初心者が覚えておくべき6つのコツ

ウェブライターを始めたいと考えている方、ウェブライターに挑戦して間もない方の中には、

「効率的に稼ぐ方法を知りたい」

と考えている方もいるでしょう。

 

ウェブライターとして効率的に稼げるようになると、独立も目指せるようになりますし、収入の大幅アップにも期待できるようになります。

そこでこの記事では、ウェブライター初心者が覚えておくべき稼ぎ方のコツを6つ紹介していきます。

 

ウェブライターとは?

ウェブライターというのは、クライアントから依頼された文章を希望通りに作成する仕事です。

ウェブライターには、

  • 基本的な文章力
  • 基本的なパソコン操作スキル
  • 理解力

などが必要になりますが、特別な知識やスキル、それから資格などは必要なく、やる気さえあれば今日から始めることができます。

 

初心者ウェブライターが効率的に稼ぐコツは?

  1. 最初は低単価で受注して実績と評価を貯める
  2. インプットとアウトプットを繰り返す
  3. 積極的に営業する
  4. ライバルとの差別化要素を考える
  5. リピーターを作る
  6. ウェブライタースクールに通って知識とスキルを身に付ける

 

  • これからライターに挑戦する方
  • 思ったより稼げずに悩んでいる方

は、是非参考にしてみてください。

 

最初は低単価で受注して実績と評価を貯める

ウェブライター初心者の頃は、低単価で受注して、実績と評価を貯めることが大切です。

 

クラウドソーシングでは、評価と実績が命になり、

  • 評価0
  • 実績0

の場合は、クライアントからの信頼を得るのが難しくなります。

 

このような状態で、適正価格もしくはそれ以上の価格で提案をしてしまうと、不採用になってしまう可能性が高くなるのです。

 

最初は相場より若干低い単価で提案を行って、実績と評価を貯めることを意識していきましょう。

ある程度実績と評価が貯まってくると、それだけでクライアントからの信頼を得やすくなりますので、

  • 案件受注
  • 単価交渉

なども行いやすくなるのです。

 

インプットとアウトプットを繰り返す

先ほども解説したように、ウェブライターは誰でもできる仕事です。

ただ、誰でも稼げる仕事ではありません。

ライバルに負けず、効率よく稼ぐためには、常にインプットとアウトプットを行って、レベルアップしていく必要があります。

 

他のライターよりも知識や経験が豊富であれば、好条件の案件や相場以上の案件も受注しやすくなるでしょう。

 

積極的に営業する

ウェブライターを始めて間もない方の中には、営業を躊躇してしまっている方もたくさんいます。

確かに、営業メッセージを送って断られたり、スルーされたりするのは悲しいですよね。

 

ただ、自分から営業をしていかなければ案件を獲得することができず、ライターとしてスキルアップができなくなってしまいます。

 

仮に営業メッセージをスルーされたとしても、断られたとしても、失うものは何もありません。

営業ができずに悩んでいる方は、「当たって砕けろ」精神を意識しながら、どんどん提案していくようにしましょう。

 

ライバルとの差別化要素を考える

ウェブライター人口は年々増加しています。

これからの時代を生き抜くためには、他のライターとどの部分で差別化するのかをしっかりと考えることが大切です。

 

差別化できる要素には、

  • 価格
  • 対応範囲(どこまで無償対応するのか)
  • レスの速さ

などがありますので、自分の強みを生かして、ライバルライターとの差別化を図っていきましょう。

 

リピーターを作る

ウェブライターとして稼ぐためには、リピーターを作ることが大切です。

もちろん、最初の頃は新規のクライアントをたくさん獲得し、実績と評価を集めることが重要になってくるのですが、ある程度案件が落ち着いてきた段階で、リピーター作りに専念しましょう。

 

リピーターをたくさん作ることができれば、

  • 打ち合わせの手間が省ける
  • 単価交渉がしやすくなる
  • 仕事がしやすくなる
  • 安定した収益になる

というようなメリットを得られます。

 

ただ、自分に依頼をするメリットがなければ、リピーターになってもらうことはできません。

新規のクライアントからリピートしてもらうためには、期待の上を行くインパクトのある良質な記事を納品することが大切になってきます。

 

ウェブライタースクールに通って知識とスキルを身に付ける

ウェブライターとして効率よく稼ぐためには、スキルと知識を身に付けることが大切です。

 

具体的には、

  • SEOの知識とスキル
  • 文章の知識とスキル
  • サイト運営の知識とスキル

などです。

 

これらの知識やスキルは、実践で身に付けることもできますが、より効率的に学習していきたいと考えている方には、スクールがおすすめです。

 

スクールに通うことで、経験者から指導を受けられるようになりますので、効率よくウェブライターに必要な技術を身に着けやすくなります。

 

「おすすめのスクールはどこなの?」

「スクールの種類が多すぎて選べない」

 

という方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

ウェブライタースクールおすすめはどこ?後悔しない選び方も解説!

続きを見る

 

初心者がウェブライターに挑戦するデメリットは?

  1. ライバルが多い
  2. 自分で営業をして仕事を獲得する必要がある

 

ライバルが多い

先ほども解説したように、ウェブライターには特別なスキルや知識が必要なく、参入障壁が比較的低いです。

このようなことから、ウェブライターに挑戦する初心者が年々増加しています。

 

ウェブライターは誰でもできる仕事ですが、「誰でも稼げる仕事」ではありません。

常にインプットとアウトプットを繰り返し、ライターとして成長することができなければ、ライバルに仕事を取られてしまうのです。

 

自分で営業をして仕事を獲得する必要がある

ウェブライターとして稼ぐためには、営業を行う必要があります。

中には、

「断られたらどうしよう」

という不安を抱えて、仕事が来るのを待ち続けてしまう方もいるのですが、特に初心者ライターの頃は待っていては仕事が来ません。

 

積極的に提案を行って、自分から営業をしていかなければ、稼げるライターにはなれないのです。

 

初心者がウェブライターに挑戦するメリットは?

  1. 特別な知識やスキルがなくても稼げる
  2. 即金性がある
  3. ネットで気軽に仕事を探せる

 

特別な知識やスキルがなくても稼げる

先ほども解説したように、ウェブライターはスキルや知識、資格がなくても始めることができます。

 

クラウドソーシングサービスなどには、

  • 未経験OK
  • 初心者歓迎

というような案件がたくさんあり、このような案件に絞って挑戦していくことで、初心者でも効率よく稼げるようになるのです。

 

即金性がある

副業の中には、即金性がないものもあります。

即金性がない副業の代表格は「アフィリエイト」です。

 

アフィリエイトは、数十万円から数百万円前後の高額報酬を稼げる可能性を秘めている反面、半年もしくは1年以上収益が出ないこともあります。

 

一方、ウェブライターは記事を作成し、納品をした段階で報酬に繋がりますので、即金性を重視している方にも最適と言えるのです。

 

ネットで気軽に仕事を探せる

ウェブライティング案件は、

  • クラウドソーシング
  • SNS

などを使って簡単に探すことができます。

 

クライアントへの営業メッセージ1つで大きな案件が決まることもありますので、気軽に仕事を探したいと考えている方にもおすすめです。

 

まとめ

 

【WEBライターとして稼ぐコツ6つ】

  1. 最初は低単価で受注して実績と評価を貯める
  2. インプットとアウトプットを繰り返す
  3. 積極的に営業する
  4. ライバルとの差別化要素を考える
  5. リピーターを作る
  6. ウェブライタースクールに通って知識とスキルを身に付ける

 

ウェブライターとして稼ぐためには、いくつかのコツやテクニックを身に付けて、正しい方向性で努力をしていかなければなりません。

ウェブライターに挑戦する方は年々増加していますので、のらりくらり挑戦していると、ライバルに追い抜かれてしまいます。

 

これからウェブライターを始める方、ウェブライターとしての収益に伸び悩みを感じている方は、是非今回紹介したコツを実践しながら、収益アップや効率アップを狙ってみてください。

 

ウェブライタースクールおすすめはどこ?後悔しない選び方も解説!

続きを見る

 

\ 人気記事 /

-WEBライター