資格・学び

芸能人にも人気!食育インストラクターの資格の取り方、合格率は?

  • 食育インストラクターに興味あるけど、どうすれば取得できるの?
  • 食育インストラクターってどのような内容を学べるの?
  • 取得するのが難しいのでは?

興味はあるけど、よく知らない...

資格!と聞くと何やら試験があって、難しそう...なんて思いませんか?

 

本記事では、家族の健康のために食育勉強中の筆者が

『食育インストラクターの内容や資格取得の仕方』をメインにお話しします!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

品川区大井町 料理研究家 浄法寺 勇人(@kurumio1287)がシェアした投稿

 

食育インストラクターとは

食育とは、健康を考えて食べ物を選んだり組み合わせたりするための、知識や考え方を広める活動全般をさします。

栄養のことだけでなく、食に関するマナーや社会問題にも目を向けて、食の大切さを考えることが食育です。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハーブとスパイスの料理教室🌿Herb &Table(@herbandtable)がシェアした投稿

 

その食育を人に師事できるレベルまで学んだ人を『食育インストラクター』といいます。

 

食育インストラクターは、食材選びや食事のマナーなど、暮らしや子どものしつけにも役立つ『食育実践法』を社会で推進することを目的に活動する職種(資格)です。

食や健康、さらには教育に関わる分野など、さまざまなシーンで活躍できます。

 

食育インストラクターの資格は『NPO日本食育インストラクター協会』が主催する資格で、以下のように定義されています。

「食育」を基礎から学び、毎日の生活に活かす。

広く推進し、社会で活躍できる「食育」の指導者の証となる資格。

 

学習内容は?

食の基礎知識、食材の選び方、食品表示の読み方、鮮度の確認方法、食事のマナーや年齢によっての食事内容など食に関わる基本として大切な知識が学べます。

  •  食育の3本柱の理解(食の安心・安全、しつけとマナー、食を取り巻く諸問題)
  •  食育基本法
  •  食生活指針と食事バランスガイドの理解と活用
  •  現代日本の食生活の実態
  •  食材についての基礎知識
  •  栄養学の基礎知識(五大栄養素等)
  •  食習慣とマナー
  •  食を取り巻く問題(自給率・環境問題・人口問題)
  •  国・地方公共団体等の取組み


りよ
食の基礎はもちろんのこと、食を取り巻く環境問題や人口問題、国や地方公共団体の取り組みまで学ぶことができます!

 

食育インストラクターは
\『がくぶん』でしか取れない資格です/

がくぶん 公式サイト

詳細を見る

無料の資料請求もこちらから

 

食育インストラクターの資格の取り方

食育インストラクターはNPO法人日本食育インストラクター協会認定の資格です。

1〜4級、プライマリー(初級)の5段階に分かれていて、プライマリーから取得し徐々に上の級に挑戦していく仕組みになっています。

階級が上がるにつれ取得方法が異なるため、上の階級を目指す方はプライマリー(初級)合格後に要項を確認してください。


りよ
この記事では、食育インストラクターとして最初のステップ『プライマリー(初級)の資格取得』について、紹介していきます。

 

プライマリー(初級)の資格をとる手順

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

かわなべあやこ(料理家)(@kawanabeayako)がシェアした投稿

 

step
1
「がくぶん食育インストラクター」に申し込む

プライマリーは、がくぶんの講座でしか取得することができません。

申込は、郵送・ネット申し込みのどちらからでもできます。

 

step
2
自宅に教材が届く

  • テキスト5冊
  • 課題集
  • DVD3巻
  • 食育レシピ集

 

step
3
テキストブック1~5の課題に取り組む

1つが終わる毎に課題を提出して次に進みます。

テキストはB5サイズだから持ち運びに便利です♪

りよ
自宅以外のカフェなど勉強しやすいですね!

 

step
4
5回の課題が終わったら、最終課題

全部で課題提出は6回です。(通常課題5回+最終課題1回)

最終課題は自宅でテキストを見ながら取り組むことができます。

試験会場に出向いて試験を受けるスタイルではありません。

 

step
5
最終課題に合格!

合格後、資格申請をすると修了証とプライマリー認定証が取得できます。

 

最終課題に合格しなくても講座を全て受講し申請をすれば、修了証だけの取得もできます。

ただし修了証だけでは認定とならないため、活動をする際は資格としては明記できず、あくまでも修了となるので、注意しましょう。

 

step
6
資格証書の受け取り

自宅に資格証書が届きます。家庭や地域、企業の食育活動に役立てましょう!

 

合格率・合格基準は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三澤 岬希(@misakimisawa)がシェアした投稿

プライマリー(初級)は、最終課題で70点以上獲得することで合格と見なされます。

最終課題の合格率は公開されていませんが、資格取得済みの人からは『難易度は高くない』という声が多いです。

 

また不合格になっても再提出(1回/無料)が可能なので、課題内容がわかってる状態で復習することが可能です。

そこが、取得しやすい理由と言えるでしょう。

 

テキストを確認しながら最終課題に取り組むことができる。

SNSや受講生の声で「難易度は高くない」という声が多い。

 

学習期間の目安は?

がくぶん公式サイトでは標準受講期間6ヵ月を設けています。

ですが、最短3ヶ月で取得も可能ですし、6ヵ月間の延長(無料)も可能です。

 

りよ
無料で延長ができるので、気持ちに余裕をもって勉強することができますね!

 

食育インストラクターは
\『がくぶん』でしか取れない資格です/

がくぶん 公式サイト

詳細を見る

無料の資料請求もこちらから

 

食育インストラクター講座のメリット・デメリット

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

chie(@chiegohan3)がシェアした投稿

 

食育インストラクターのメリットとデメリットを紹介します。

先に不安を解消しちゃいたいと思うので、デメリットからお話しますね!

 

デメリット【1つ】

  1. 独学で取得できない

 

食育インストラクタープライマリー(初級)の資格は独学では習得できません。

必ず、NPO協会が定める一定の内容の通信教育講座を修了=「がくぶん食育インストラクター」を受講し、推進学校、研修会に参加しなければ取得できない資格です。

 

食育インストラクターは
\『がくぶん』でしか取れない資格です/

がくぶん 公式サイト

詳細を見る

無料の資料請求もこちらから

 

メリット【6つ】

  1. 「食育」の第一人者・服部幸應先生の指導監修
  2. ドラマ仕立てのDVDつき
  3. 嬉しい個人指導付き
  4. 最短3ヶ月で取得
  5. 統一された試験日なし、再受講制度もあり
  6. 分割払いができる。資格更新、更新料は必要なし

 

1,「食育」の第一人者・服部幸應先生の指導監修

「食育」の第一人者・服部幸應先生の食育に対するこだわりと、情熱、食育基本法の精神に基づいた本格的な通信講座です。

 

毎日の献立や食材選びにも役立ちつレシピも付いています。

知識だけでなく、実践しやすい献立やレシピがあるため、毎日の暮らしの中ですぐ活用でき、身につきやすい講座となっています。

 

2,ドラマ仕立てのDVDつき

ドラマ仕立てで服部先生のわかりやすい解説つきのDVD教材なので、在宅で楽しく学べます。

机に向かって学ぶとなると継続しにくいこともありますが、ドラマ仕立てのDVDなのでノンストレスで自然と内容が入ってきます♪

 

3,嬉しい個人指導付き

講師からの的確なアドバイスに加え、温かいメッセージがもらえるシステムも受講生からも好評です。

一人だと挫折してしまいそうになることがありますが、支えがあるためモチベーションを保ちながら学べます。

 

4,最短3ヶ月で取得

目安として標準期間(6ヶ月)を設けてありますが、短縮も延長もできます。

一気に課題を終わらせて早く取得することも、ゆっくりと時間をかけ取得することもでき、自分のペースで学べますね。

 

5,統一された試験日なし、再受講制度もあり

在宅でお好きなタイミングで最終課題に取り組むことができます。

最終課題に不合格となった場合は、再試験も可能です(1回無料)です。

1度間違ったところを学び直すことができるので、気持ちに余裕をもって最終課題に取り組むことができ、確実な合格も目指しやすいです。

 

6,分割払いができる。更新料は必要なし

分割払いも可能で、支払い方法は、後払振込(一括・分割)、クレジットカード、代金引換から選べます。

  • 一括払い:39,900円(税込)
  • 分割払い:月3,500円×12回(初回のみ4,033円)

資格認定時、初回に限り認定証交付料6,600円+事務手数料が必要ですが、それ以降は毎年の更新も更新料もかかりません。

 

りよ
家計への負担が少なくスタートできますね!

忘れがちで面倒な更新も、更新料もかからず、一度取得したらずっと持ち続けることができます。

 

 

SNSで見つけた受講生のリアルな声

池田航さん

池田航さんは現在、日本の「食」を盛り上げたいと思い俳優と料理について発信されています。

男性の受講生も少なくないようですね!

 

まちゃるさん

まちゃるさんは、個人さーくる「遊•食•里(ゆっくり)研究所」代表をされていて、食育や体験を通して子どもたちの『やってみたい』を応援されています。

応援の一つのアプローチとしての食育は楽しそうですね!

 

 

しおさん

しおさんは、結婚されて家庭菜園を始めたそうです。

生活の中で食について、学びを深めているようですよ!

 

りよ
皆さん、これからの活躍が楽しみですね!

 

食育インストラクターの働き方・活躍場所

資格を取得した後、実際にどのように働くのかを悩む人もいるかと思います。

働き方の例をいくつか紹介しますね。

  1. 保育や学校、介護の場、企業の栄養指導
  2. 飲食店勤務や飲食店開業に活用
  3. お料理教室や食育セミナーを開催

 

1,保育や学校、介護の場、企業の栄養指導

子どもから大人まで、体や健康のための献立を考えたり、実際に栄養指導を行ったりします。

勤務形態はパートから正社員、業務委託と様々なので自分に合う働き方を選ぶことをお勧めします。

 

料理好き管理栄養士&食育インストラクターやんちゃん

 

 

2,飲食店勤務や飲食店開業に活用

飲食店の求人に応募する際は、食育インストラクターの資格がアピールポイントになります。

将来、自分のお店を出したいと考えている人もメニューを考える際に活かすことができます。

 

こうへい@シェフと食育インストラクター

 

3,お料理教室や食育セミナーを開催

食育インストラクターの資格を活かし料理教室やセミナーが開催します。

youtubeやSNSで、食育についてのお役立ち情報やレシピを発信をされている方も多い印象です。

 

食育とは一見無関係なことと組み合わせた講座を開いている人もいますが、競合と差別化するのに効果的です。

すでにあなたが持っているスキルと食育で、完全オリジナルな働き方も面白いですね。

 

品川区大井町 料理研究家 浄法寺 勇人さん

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

品川区大井町 料理研究家 浄法寺 勇人(@kurumio1287)がシェアした投稿

食育インストラクター大西景子さん

YUZ@日本語教師×食育インストラクター

 

食育インストラクターに向いている人

こんな方におすすめ

  • 食の大切さを知りたい、伝えていきたい方
  • 食に関する資格取得をお考えの方
  • 食品関係、健康関係のアドバイザーなど仕事に活かしたい方
  • 子どもの成長と食生活が気になる方
  • 保育所や学校で食育、給食に関わる方

 

食育インストラクターは「食育」の知識を日常に活かし、広く推進することを目的とした資格です。

家庭はもちろん、教育現場、食品メーカー、高齢者施設、病院などで、栄養指導やレシピ考案する力を養えます。

 

食育インストラクターは
\『がくぶん』でしか取れない資格です/

がくぶん 公式サイト

詳細を見る

無料の資料請求もこちらから

 

健康美容に気を使う芸能人にも人気!

芸能人にも食育インストラクターをとった人が多くいます。

積極的に活躍されている方を4名、紹介していきますね。

和田アスカさん、安田美沙子さん、保田圭さん、ギャル曽根さん

 

1人目、料理家平野レミさんの次男の妻、和田明日香さん

『食育インストラクターは食への興味が広がるきっかけを作ってくれる講座です。通信で簡単に取れる資格ですが、役立つことは限りなくあります。』

と話していて、今は3児の母で食育インストラクターとして本も出版しています。

がくぶん公式サイトで紹介/インタビュー記事

 

2人目、安田美沙子さん

『結婚したのを機に、食育インストラクターの資格をとりました。

家族に健康で長生きしてほしいし、私もマラソンをやっていて、栄養のことが気になっていたので、学んでみようと思いました。〔中略〕

しばらくは子育て優先ですが、食育など社会的な活動は続けていきたい』と話しています。

インタビュー記事より

 

3人目、元モーニング娘。の保田圭さん

『少しでも家族のために活かしていけたらいいな』とプライマリー取得の過程をblogに書いています。

保田圭さんのBLOG

 

4人目、タレント・フードファイターのギャル曽根さん

ギャル曽根さんは、食育インストラクターだけでなく、​​野菜ソムリエや調理師の免許をお持ちです。

食に関する資格も取得して家庭に活かし、ご主人をダイエットに成功させたそうです。レシピ本も出版しています。

ギャル曽根さんのBLOG

 

りよ
ご自身や家族の体のことを考えて、学び始めることが多いようですね!

 

まとめ

食育インストラクターの資格取得の方法やメリット・デメリットなどをシェアしました。

要点まとめ

  • プライマリー(初級)は通信講座でのみ取得可能
  • 個人指導や無料延長期間もあり、合格基準は70点以上
  • 子どもや家族の健康のことを考え、芸能人やインフルエンサーにも人気
  • 服部幸應先生監修で私生活にも仕事にも役に立つ
  • 取得後の活躍の場も幅広く、食を通して社会活動が出来る

食育インストラクターは、食育について一定の知識を持っていることを証明できるので食に関わる幅広いところで活躍できます。

 

プライマリー(初級)は通信で取得可能なので、子育て中のママさんや本業がある方も、ご自身のペースで勉強を進められるのも魅力。

保育や介護の現場はもちろん、食に関わるお仕事をしたい人が第一歩として知っておきたい内容が盛りだくさんです!

 

 

自分や家族、子どもの体は食べてるもので作られています。

大切な家族や自分の『健康』を守るために、食育インストラクターの講座を通して、食を基礎から学んでみませんか?

 

資料請求は無料ですので、詳しく知りたい方は公式サイトから資料を申し込んでくださいね。

 

食育インストラクターは
\『がくぶん』でしか取れない資格です/

がくぶん 公式サイト

詳細を見る

無料の資料請求もこちらから

 

\ 人気記事 /

-資格・学び
-