プログラミング

【WordPressとは何か?】完全初心者向けの基礎知識まとめ。

ブログを作ろうを思ってGoogle検索して見ると、アメブロ、はてななどの有名どころと並んで「WordPress」という単語を見かけることがあるのではないでしょうか。

しかも、結構な数のサイトが、本気でブログをやりたいなら「WordPress」の方がいい、なんて書いてたりしませんか?

でも

一体、WordPressってなんなん??

という方も少なくないのでは?

この記事では完全初心者の方でもWordPressがどんなものなのかわかるように、わかりやすくWordPressに関する基本知識をまとめました。

りよ
当サイトもWordPressで作成していますよ〜!

 

WordPressとは?

一言でいうと、Webサイトやブログを作成できるソフトです。応用の幅が広くアプリを作ることも可能です。

また、WordPressは世界中のプログラマーがボランティアでソフトを開発しているため、無料で利用することができます。

 

その上、自作じゃ到底難しいデザインや機能のWebサイトやブログを簡単に制作でき、運用もしやすくなっています。もちろん、PC・スマホ両方のデザインに自動で対応してくれます。(手作業でやると結構大変なんです、スマホデザインに変えるの。)

このサイトもWordPressを利用しています。みつ・りよともにWebページを作成するスキルは持っていますが、この機能性を搭載したページを作るとすると…かなり時間と労力がかかってしまいます。もしWordPressがなかったら今頃まだサイト作りしてるかも!?

 

メモ

WordPressのシェア:全WEBサイトの34.1%

 

WordPress.comとWordPress.orgの2種類がある

初心者の方がまずつまずくポイントは、WordPressには2種類あるという点です。

WordPressの種類

「.comの方」「.orgの方」などと使い分けて記述しているサイトはほとんどありません。

一般的に「WordPress」と言われるものはWordPress.orgの方です。

 

❶のWordPress.comの方は、いわゆるレンタルブログです。

アメブロとかはてなとかの仲間で、WordPress側で用意してくれたサーバーの一部分を借りて、ブログを運営します。(無料・有料プランがあります)

レンタルのいいところは登録が非常に簡単なのと、序盤の集客が楽なところですが、どうしても「借り物」の域を超えないため、どれだけ長く運用しても記事を書きためてもサイトやブログ自体が自分の資産になりません。

 

自分で作ったものを貸し倉庫に置かせてもらってるイメージです。

作品は確かに自分のものだけど、貸し倉庫の取り壊しが決まったら一緒に壊れてしまう可能性さえもあります。

 

一方、❷のWordPress.orgの方は、自分でサーバーを用意してそこにサイトやブログを作るので、サイトそのものも内容も全て自分の資産になります。

サーバーを用意する手間が少しかかるとはいえ、初期設定の労力は.comとそんなには変わりません。完全に自分のサイトをゼロから立ち上げるため、序盤の集客には手を焼きますが、長期的には.comより集客力の強いサイトを作ることが可能です。

また、サーバー代は別途かかりますが、ソフトは完全無料です(ダウンロード方式)

WordPress.com WordPress.org
サーバー WordPressの用意したサーバーをレンタル 自分でサーバーを用意する
費用 無料・有料プラン両方あり。
サービス内容で選ぶ。
ソフトは全て無料。
サーバー代は別途かかる。
(借りるサーバーによって費用が異なる)
集客 序盤は強い、長期戦では伸び悩む 序盤は手を焼く、長期戦に強い
資産になるか 書いた記事は自分のものだが、
サイトやブログはWordPressの管理下
サイト自体も内容も全て自分のもの
合う人 全部消えてもまぁあり。SNSくらいの感覚でブログを作りたい人 長期戦で自分のサイトの資産価値を高めていきたい人(企業サイト・収益発生するブログなど)

 

WordPress(.org)は実際にどんな感じ?

我がサイトも、WordPress.orgで作っているので、実際にどんな風に管理・運用しているのか見てみましょう!

画像は実際に記事を書くエディタ画面です。

左側のカラムには、投稿、デザイン編集、機能追加など、運用のためのメニューが全て詰まっています。

WordPress.orgでソフトをダウンロード(無料)して、自分で用意したサーバーにソフトをダウンロードすると、もうここまで出来上がっています。(画像は色々カスタマイズした後のものですが)

 

かなり直感的に利用できる管理画面なため、マニュアルを読んで操作する必要がないほどわかりやすいです。デザインや機能にこだわらない場合は、すぐにサイトを公開することもできますよ!

ただ、自分好みにカスタマイズしていこうと思うと、知識や技術も必要になってきますので、少々お勉強や実践が必要になってきます。

 

WordPressの魅力

序章で、世の中のWebサイトの3割以上がWordPressで作られているとお伝えしました。

それほどに世界中の人々の支持を得る魅力とは一体なんでしょうか?

WordPressの魅力

  1. 無料で利用できる
  2. プラグインを利用して、欲しい機能を自由に追加することができる
  3. デザインを自由に実装・変更できる
  4. 更新作業が簡単にできる
  5. バージョンアップが多く、日々進化している
  6. スマホデザインに適応している
  7. 検索で上位を取れるサイトを作れる

 

無料で利用できる

WordPressは基本的に、個人でも商用でも無料で利用することが可能です。

.comに有料プランがありますが、無料利用ももちろん可能です。(.orgは無料のみ)

 

プラグインを利用して、欲しい機能を自由に追加することができる

WordPressには「プラグイン」という機能を拡張できる仕組みがあります。

例えば、今のサイトにショッピングページを作りたい!と思ったら、ショッピングカートを作ってくれるプラグインを入れればすぐに実装することができます。

お問い合わせフォームや、予約機能、簡単にバックアップを取れるシステムまで内容や種類は多岐に渡り、現在54,000以上ものプラグインが存在しています。

選べる選択肢が多いので、欲しい機能があったら使い心地を比較してみるといいですよ!

 

デザインを自由に実装・変更できる

WordPressには、テーマというデザインのテンプレートも豊富に用意されています。

テーマを活用することにより、簡単にデザインの実装・変更ができます。

もちろん、一から自分でコードを組んでデザインを作り上げることも可能です…が、労力がかかってしまうためカスタマイズ向きのテーマを選んでそこから作り上げていくのをおすすめします。

 

更新作業が簡単にできる

先ほど管理画面をお見せしましたが、WordPressは非常に管理・運用しやすい作りになっています。

テキストを打ち、ボタンでワンタッチ装飾、更新ボタンで記事投稿…とレンタルブログ並みの簡便さがあり、レンタルブログ以上に自分の使いやすいようにアレンジできます。

WordPressができる前にWebサイトを作ったことがある人はご存知でしょうが、ページごとにファイルを作り、自分の手でサーバーにアップロードする不便さを思うと、更新作業の容易さは段違いです!

 

メモ

.comはPCだけでなく、アプリをインストールすることで、タブレットやスマートフォンからも確認・変更が可能です。

 

バージョンアップが多く、日々進化している

これは本当にありがたいポイント!

IT業界は、信じられないスピードで変化していきます。これまでもそうだったように、これからもそのスピードは衰えないでしょう。

その点、WordPressはアップデートしながら利用できます。

バグの修正も早く、日々の進化に対応してくれるのが大きな魅力です。(スマホアプリのアップデートのようなイメージです)

 

スマホデザインに適応している

スマートフォンでも見やすいデザインにすることをレスポンシブ化と言います。

WordPressで作るサイトは基本的にレスポンシブ対応されており、PCからもスマートフォンからも見やすいサイトを簡単に作成できます。

 

検索で上位を取れるサイトを作れる

検索で上位を取る対策を、SEO対策といいます。そして、WordPressはSEOにも強いです。

Googleなどの検索エンジンが見つけやすい構造である上に、レスポンシブデザインに対応していること、URLを任意で設定できること、サイトスピードの速さなど検索エンジンに高く評価してもらえる要素が多いです。

SEOに強いとそれだけ集客力がアップするので、発信力のあるサイトに育てることができます!

 

りよ
サイトを収益化している場合は、集客力UPは収入UPにも直結します!

 

WordPressでサイトを作成するために必要なものは?

必要な準備物

準備するものは、PC、ネット環境、そして、サーバーです。(.comの場合は不要です)

サーバーはたくさんあるので、自由に選んでいいのですが、WordPressを利用しやすいもの、WordPressを使ったWebサイトの表示が速いものがおすすめです。

中でも、WordPressを使う場合のおすすめサーバーは断トツでエックスサーバーです。

 

WordPressをインストールするためのツールも用意されていますし、重くなりがちなWordPressでも快適な表示速度を保ってくれます。私もこのサイトだけでなく持っている全てのサイトでエックスサーバーを利用していますが、何にも文句なし!

また、エックスサーバーはエックスドメインからドメイン取得もすぐにできるので、①サーバー契約→②ドメイン契約→③WordPressインストールとあっという間に作業を完了することができます♪

▼エックスサーバーのWordPress専用ツール

エックスサーバー 公式サイト

 

必要な知識

基本的にWordPressは初心者でも問題なくサイト作成をできる作りになっていますが、シンプルなサイトを作るにしても多少はHTML/CSSの知識は必要かなと感じます。

また、カスタマイズをしようと思うともう少し踏み込んで、PHPなどの知識が必要となってくるでしょう。

プログラミング初心者向けに「言語」を一覧にまとめました。

 

 

まとめ

WordPressがどのようなものか、概ね理解できましたでしょうか?

最後にここまで書いたことをまとめますね!

要点まとめ

  • WordPressには.comと.orgがあり、一般に「WordPress」と呼ぶのはWordPress.orgの方
  • WordPress.orgは無料のオープンソース(.comには有料プランもあり)
  • 作成も管理・運用も簡単
  • テーマも豊富で、細部まで自由にカスタマイズできる
  • 機能の拡張が簡単にできる
  • SEOに強い
  • .orgの場合は自分でサーバーを用意する必要がある

 

WordPressのスキルは、個人でサイトを運営するにしても、仕事として案件獲得するにもあると重宝するスキルです。

自分の思い通りのサイトが1からプログラムを組まずに作れ、さらに簡単に運用できるWordPress。

無料ですし、もしサーバーを持っているなら、一度使って体験しちゃうのが一番手っ取り早いかもしれませんね!

 

\検索順位が上がりました/

AFFINGER5 WING

当サイトで使用しているWordPressテーマです!

 

 

-プログラミング
-,

Copyright© LIYO MEMO リヨメモ , 2020 All Rights Reserved.