WEBデザイン

色彩検定1級はどんな仕事に活かせるのか。

色彩検定とは

色彩検定1級の知識が活かせるお仕事って一体どんなものがあるんだろう?と思っている方はすでにご存知かもしれませんが、まずはそもそも色彩検定ってどんなもの?を簡単にまとめておきますね。

色彩検定とは

  • 色に関する知識や技能などが問われる検定試験のこと。
  • 色の基礎から、配色技法(色の組み合わせ方)、専門分野における利用など、幅広い知識が問われる
  • 文部科学省後援の公的資格(←国家資格と民間資格の中間)
  • 合格すると、合格証書と資格証を発行してもらえる
  • レベルは、1級、2級、3級、UC級がある
  • 初心者から上級者まで誰でも受検可能

 

りよ
合格すると、認定証・カード・資格マーク(データ)でスキルを証明できます!

 

色彩検定1級で学べる内容

1級の知識を活かせるお仕事を紹介…したいのですが、1級で学べる内容についても整理しておきます!!

1級で学習する内容は、2級、3級で学習する内容に合わせて以下のような内容になっています。

 

色彩検定1級で新しく学ぶこと

分野 内容
光と色 色の知覚 / 色覚特性と視覚変化 / 色覚説 / 心理的な見えによる色の分類 / 照明 / 混色
色の表示 CIE XYZ 表色系 / 均等色空間とL*a*b* 色空間 / オストワルト表色系 / NCS / 色名
色彩心理 心理評価法 / 色の心理的効果 / 色知覚の複雑性
配色イメージ 配色イメージ / イメージ別配色法
ビジュアル コーポレートアイデンティティ / コーポレートアイデンティティの事例
インテリア インテリアカラーコーディネーションと色彩計画 / 非住宅空間の色彩
ファッション ファッションカラーの変遷 / ファッションビジネスの世界/ 商品企画 / アパレルの商品企画の事例 / 繊維
プロダクト 色彩計画のプロセス / プロダクトデザインと色彩 / プロダクトデザインと素材
ユニバーサルデザイン ユニバーサルデザインの概要 / ユニバーサルデザインの色彩
色彩と文化 ヨーロッパの色彩文化 / 日本の色彩文化
色彩調和論 色彩調和論

一覧にしても少々見にくいほど多いですね…。

いずれにせよ、色彩検定の最上級!色彩に関する専門的な範囲をそれぞれ深く掘り下げていく内容になっています。

 

さらに、1級は2次試験もあります。

1次試験は知識問題、2次試験は記述と実技を組み合わせたペーパーテストです。(実技はカラーカードの切り貼りです)

2、3級は知識試験のみです。

 

色彩検定1級の知識を活かせる仕事

お待たせしました、いよいよ本題です!

色彩検定の知識を活かすことのできるお仕事をまとめたので、ご紹介しますね。

1級相当の知識がより活かせるお仕事にはピンク線を引いています!

講師系

  • カラーコーディネーター
  • 色彩講師

美容・ファッション系

  • ファッションデザイナー
  • アパレル販売
  • ファッションコーディネーター
  • ネイリスト
  • 美容師
  • メイクアップアーティスト
  • コスメなどの研究・開発員

出版・広告・オフィス系

  • 企画・広報
  • 印刷業・DTP
  • グラフィック・WEBデザイナー
  • 営業

建築・工業・空間デザイン系

  • インテリアデザイナー
  • 建築デザイナー
  • 建設業
  • プロダクトデザイナー
  • 塗装業
  • 景観担当者(公務員、建設コンサルタント)

飲食系

  • パティシエ
  • テーブルコーディネーター

イベント系

  • フラワーデザイナー
  • ウェディングプランナー(ブライダルコーディネーター)

 

講師系のお仕事は、色のスペシャリストとして色に関するアドバイスや講座を行なっていくことになるため、様々な業種やジャンルなどに合わせた色彩の専門知識を広く深く持っていることが必須です。

講師系のお仕事を目指すのならば、1級の知識までぜひ持っていたいところ!

 

また、1級の試験からは実技試験もあるほど色彩の知識を実際に使いこなす技術も問われてくるため、実際に色彩を生み出したり、組み合わせたりするお仕事の中でも塗装業や建築・インテリア系のコーディネーター、ファッション・コスメの研究開発を行う分野の人にとって重要です。

各種デザイナーのお仕事でも1級相当の知識があると、クライアントの要望やターゲット層などに合わせて、論理的で効果的な配色を作ることが可能になります。

 

みつ
上記の職種を目指す場合は、1級の資格はいいアピールになりますよ!

 

まとめ

今回は色彩検定1級の知識を活かせるお仕事をまとめてご紹介いたしました。

「特に」活かせるものは下記です。(前章から抜粋)

1級の知識が特に活かせるお仕事

  • カラーコーディネーター
  • 色彩講師
  • コスメなどの研究・開発
  • 印刷業・DTP
  • インテリアデザイナー
  • 建築デザイナー
  • 建設業
  • 塗装業

 

1級までいくと、色を取り扱う職の人はもちろん色を作り出す側の人にも必要な知識・スキルまで学びます。

1級相当の色彩スキルが必須な職種の場合、働きながら資格取得の支援をしてくれる企業もあるので、就職/転職活動中の方は、ご希望の企業に問い合わせてみてもいいかもしれません。

 

色を学ぶ

色彩検定2級3級パックコース

たのまな 公式サイト

1回の受験でW合格が目指せる!

-WEBデザイン
-

Copyright© LIYO MEMO リヨメモ , 2020 All Rights Reserved.